• TOP
  • CARS
  • 私たちはいつだってラブストーリーが必要なのだ。

2020.01.28

私たちはいつだってラブストーリーが必要なのだ。

「ロミオとジュリエット」が大好きだったはずの青年も、そろそろいいオッサン? いまでも無垢な魂を持ったジュリエットは、男の心のなかに居場所を持っているのでは。そんなテーマを抱えた著名なファッションフォトグラファーのパオロ・ロベルシ氏が撮った作品が今年のピレリカレンダーになった。

CATEGORIES :
CREDIT :

取材・文/小川フミオ

愛の物語「ロミオとジュリエット」がカレンダーに

発表会のはじまり
さいきん”純愛”は足りていますか? 「ロミオとジュリエット」が大好きだったはずの青年も、そろそろいいオッサン? でも、いまでも無垢な魂を持ったジュリエットは、男の心のなかに居場所を持っているのでは。

そんなテーマを抱えた著名なファッションフォトグラファーのパオロ・ロベルシ氏が、「ジュリエットを探して」というテーマで作品を撮った。ジュリエットを演じるなかには、「ハリー・ポッター」シリーズで人気が出たエマ・ワトソンも含まれる。

ロベルシ氏によるジュリエットがフィーチャーされたのは、イタリアのタイヤメーカー、ピレリによるいわゆる「ピレリカレンダー」の2020年版だ。毎回、世界的な活躍をするファッションフォトグラファーに依頼するアートブックのようなカレンダーだ。
Looking For Julietが2020年版のテーマ
2019年12月に、ロミオとジュリエットの舞台となったイタリア・ベローナで発表会が行われた。ベローナに行ったひとならご存知だろうが、ここにはカザ・ディ・ジュリエッタ(ジュリエットの家)という建物もあり観光名所だ。読者のかたなら知っているかも。

「ロミオとジュリエットが私がもっとも好きなラブストーリーです。私が最初にこの物語を読んだのは子どものときですが、とても印象に残っています」
PAGE 2
エマ・ワトソンのページ(本からの引用も掲載されている)
インタビューに応じて、ロベルシ氏は述べた。

「ジュリエットは、すばらしい女性だと思います。14歳で、とてもシャイで、とてもフラジャイルで、世間については無知で……ところが彼女が強い女に変身するわけです。世間に対して敢然と向き合うわけです。それが愛のためなんですね」

ロベルシ氏の作品はケイト・モスなどトップモデルのヌードを撮影しても、肉感的というより、透明感が強い。そぎ落とすところに美学がある、とかつて語っていたように、シンプルな美を追究してきた感がある。美しい写真を撮るひとだ。
左から、クレア・フォイ、トロンケッティ・プロベラ氏、ミア・ゴス、ロベルシ氏、ヤラ・シャヒディ、ステラ・ロベルシ、ベローナ市のフェデリコ・スボアリナ市長
「美しい物語ですし、美しい女性像です。若い女性がどう生きていくかのメッセージにもなっています。愛のためだったら、あらゆるものを恐れずに戦うべきだと、ここでは述べられているのです。信じるもののために戦うべきだと。美しいメッセージです」

物語は、欧州各地にあった男女の悲恋の物語を16世紀に、英国のシェイクスピアが戯曲にまとめあげたもの。出世作と言われる。ベローナを舞台に、対立するキャピュレット家のジュリエットと、モンタギュー家のロミオが恋に堕ちる話だ。

ロミオは両家の争いに巻き込まれ、キャピュレット家の人間を刺殺し、街から追放されてしまう。そのあとジュリエットは父親から望まぬ相手との結婚を強要されるが、ロミオへの愛が消えることはない。
PAGE 3
イタリア出身でフランスで活躍しているパオロ・ロベルシ氏
再会を切望するふたりのために知り合いの神父が一計を案じる。一時的に仮死状態になる毒薬を調合してジュリエットに飲ませるのだ。ジュリエットが”死亡”したことで結婚は取りやめに。

ロミオには、ジュリエットのからだが置かれた安置所へと戻ってくるタイミングで、彼女が仮死状態から目覚めると伝えられるはずだったが、手順を説明した神父からの手紙が届かなかった。

こっそりベローナに戻ってきたロミオだが、再会の喜びを分かち合うべきジュリエットは息をしていない。ロミオは彼女が死んでいると思い込み、絶望して自害。ジュリエットは目覚めたものの、血を流して横たわるロミオの姿を見て、自分にも短剣を突き立てる。
発表会場はイタリア屈指のオペラ劇場テアトロ・フィラルモニコ
この悲恋の物語のヒロインを表現するため、ロベルシ氏がピックアップしたのが、俳優、シンガー、アーティストとして世界的な活躍をするひとたち。

彼女たち(実際はTheyとして性を区別していない)にはシェイクスピアの一節を朗読してもらうと、それが自身の体験や記憶を呼び覚ますようで、すばらしい瞬間を撮れた、とロベルシ氏は語る。

なんと132ページに及ぶ今回のカレンダー(これがアートブックに比されるゆえん)に登場する9人のジュリエットは下記のとおり。

女優では、エマ・ワトソン(英)、クレア・フォイ(英)、ミア・ゴス(英)、インドゥヤ・ムーア(米)、ヤラ・シャヒディ(米)、クリステン・スチュワート(米)。シンガーは、クリス・リー(中国)、ロザリア(スペイン)。アーティストはステラ・ロベルシ(イタリア系フランス人)。

「カレンダーでは、ジュリエットとロミオの、出合い、結婚、そして死という物語の流れにあるていど沿って、場面ごとにジュリエットを演じてもらっています。最期の死のシーンでは、撮影中に感きわまって涙を流すモデルもいて、感動的でした」

なんだか、昨今、ちょっと忘れてしまっていたような感情ではないだろうか。私たちはいつだってラブストーリーが必要なのだ。そのことを改めて思い起こさせてくれた。あいにくこのカレンダーは市販されない。それがまことに残念である。
PAGE 4

● 小川フミオ / ライフスタイルジャーナリスト

慶應義塾大学文学部出身。自動車誌やグルメ誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。活動範囲はウェブと雑誌。手がけるのはクルマ、グルメ、デザイン、インタビューなど。いわゆる文化的なことが得意でメカには弱く電球交換がせいぜい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
私たちはいつだってラブストーリーが必要なのだ。 | 自動車 | LEON レオン オフィシャルWebサイト