• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • アートにスポーツ・温泉・食事。遊んで良し、寛いで良しのデート向きホテルです

2019.02.24

アートにスポーツ・温泉・食事。遊んで良し、寛いで良しのデート向きホテルです

前衛的な建築と八ヶ岳南麓の自然を融合させた「ホテルキーフォレスト北杜」。客室は趣の異なる6室のみ。ヴィンテージウイスキー200種類以上が揃うサロンも一見の価値あり、ですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/いとうゆうじ

晴れた日には、八ヶ岳、南アルプス、富士山など壮大な山々を一望できる屋上テラス。夕刻のピンク色に染まる空、満天の星空もみごと。
今回、ご紹介するのは、お泊まりデートにオススメな八ヶ岳南麓の「ホテルキーフォレスト北杜」。このホテル、「小淵沢アートヴィレッジ」の中にあり、敷地内には、世界屈指のコレクションを誇る「中村キース・ヘリング美術館」やテニスコート、乗馬場、「小淵沢カントリークラブ」などなど、ふたりで楽しめる施設が充実。

なので、都内を早朝に出てラウンド。チェックインしてお風呂、夕食という流れもつくりやすい。さらに、翌日は美術館に乗馬というプランニングも可能ですので、段取り上手な大人の男という印象を与えることも楽にできちゃう、というわけです。

寛げるミュージアムのような空間は、デートの間もたせ上手

しっかり遊びを楽しめるだけでなく、ゆっくりと過ごせるというのもこのホテルの素晴らしいところ。 アイコニックなホテルのデザインは、建築家の北川原温氏が手がけており、山梨県建築文化賞を受賞した作品でもあります。美術館、スパも氏のデザインによるもので、世界観が統一されているため、とっても落ち着くのです。
ホテルは随所に台形をモチーフにしたデザインがあしらわれており、まるで美術館のような空間。特に窓や天井に刻まれた台形の形は、緊張感があるようで、なじんでくると心地よさをもたらす不思議なデザイン。実際に泊まってみると「アートのある日常っていいものだな」と思ってしまうほど、空間に溶け込んでいるのです。
6室ある客室の名前は、自然を表す縄文の言語から。写真は客室「ウヲセ」で意味は「太陽」。広々したダブルベッドルームにテラスがついた部屋。
また、小渕沢は縄文時代の遺構が多く発見された場所。それにちなんで、全6室の客室は、太陽や水、風といった自然界のエレメントに基づいたデザインと調度品で彩られたすべて異なる造り。それがリピートする都合のいい言い訳となってくれるあたりも、うれしいですな。家具のなかに、ラルフ ローレンのヴィンテージファニチャーがあるあたりもセンスの良さの証といえます。

出たくないと思うほど快適な温泉に、元気が湧く夕食

敷地内に湧き出す温泉を使った「リラクゼーションスパ・キーフォレスト」も素晴らしいです。こちらは予約制の広々としたプライベート露天風呂ですが、何より眺望が魅力。長湯に最適なややぬるめの湯船につかると、景色と湯船の縁が一体化した絶景を心ゆくまで楽しめます。
また、夜は満天の星を眺めながら入浴、なんていうのも乙です。大きな湯船は腰上までの深さがあり、思わず泳ぎたくなるほどの開放感。目の前にはちょっとした竹林があり、見上げれば満天の星という見事なロケーション。「星が流れたら出ようか」なんて言葉も自然と出ちゃいますよ。
夕食は、隣接のレストラン「カントリーレストラン キースプリング」で。こちらで提供されるコースは、甲州ワインビーフに甲州ワイン鱒、無農薬の地元産野菜など地元の素材がズラリ。盛り付けも、アートヴィレッジにふさわしく色とりどりで、見た目にもポップで元気が出るのですよ。
アートと遊び、温泉、こうした地元産の食材に、心身ともにほっこりリラックスできる寛ぎのホテル。いますぐ行って冬景色を堪能するも良し、春を待ってお泊まりゴルフデートなんてのも良し、です。

◆ホテルキーフォレスト北杜

住所/山梨県北杜市小淵沢町10248-16
アクセス/中央自動車道・小淵沢IC〜県道11号線
URL/http://www.kob-art.com
ご予約・お問い合わせ/☎︎0551-36-8755

●料金/2万5920円〜(1名・1泊朝食付き/税込)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL