• TOP
  • GOURMET
  • 虎ノ門ヒルズ駅の開業前に行っておきたい! いま話題のモダンフレンチとは!?

2020.02.21

虎ノ門ヒルズ駅の開業前に行っておきたい! いま話題のモダンフレンチとは!?

オリンピック前に「虎ノ門ヒルズ駅」が開業することによって、駅直結の虎ノ門ヒルズはますます活気づきます。そして、その2階にオープンしたばかりのモダンフレンチ「sanmi(サンミ)」は料理・空間・サービスに至るまでアートで、すでに話題沸騰中。予約が取れなくなる前に、ぜひデートにご利用ください。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/高橋綾子

女性にとってデートに必要なのは、高揚感。シンデレラの舞踏会のようなワクワク感が大切です。ましてやデートの重要なコンテンツである「食事」ならばなおのこと。料理が美味しいのは大前提で、店の雰囲気やスタッフのサービスも良ければ、申し分なし。そこでオススメするのが、虎ノ門ヒルズにオープンした「sanmi(サンミ)」です。
「sanmi」は虎ノ門のランドマークである虎ノ門ヒルズ森タワーの2Fにオープンしたばかりのモダンフレンチのお店。壁には世界から注目される現代美術家、名和晃平氏の天井まで届くほど大きな作品「ダイレクション」が飾られていて、メタリック、石、枯れ木などの無機質と有機質が混在したモノトーンの空間が作り出されています。そして、料理とワインが差し色となると、まるで一枚の絵のような世界観に迷い込んだかのような錯覚に……。
PAGE 2
こだわりは、店名にもある”san”。お料理には、数字の3だったり、酸だったり、そこかしこにsanが存在しています。そして、2月の料理のテーマは「三位一体」。三人のシェフによる酸味、旨味、塩味または甘味の三つの味が、「前菜」「メイン」「デザート」の三つを三回繰り返す斬新なコースに表現されています。
「赤い三連星」
「トラのもん」
「すべての事象はアート」と捉えるオーナー、野口良介氏は食もアートのように感動を与えられるものと考えているそう。まずは見た目にこだわります。だから「sanmi」の皿は目の前に置かれるたびに美しさにため息をついたり、「可愛い!」と思わず叫んでしまったり。写真も撮らずにはいられないし、彼女との会話が弾むこと間違いなし!
PAGE 3
「牡蠣・III椒・三ルク」
さらに、お料理の味はどれもスペシャル感満点! なぜならフランスミシュラン二つ星レストランで部門シェフを務めた玉水正人シェフを中心に、名店で研鑽を積んだ実力派の料理人たちがチームを組み、フランス料理を新境地へと牽引しているからなのです。
「アンディー・ウォーホル」
お料理は遊び心もたっぷり! 例えばこの「アンディー・ウォーホル」は、ポップアートの巨匠の代表作である「バナナ」をイメージしています。ペーストにしたバナナをシート状にして型取り、その下にはフォアグラ、カカオニブ、アマレットゼリーが隠れています。濃厚なフォアグラにカカオニブのビターな甘みとツブツブの食感が絶妙なアクセントに。
そして、「この料理はまだ未完です。ぜひペアリングで口内調理をしてください」と出されたのは、なんとみりんと甘酒のカクテル!「アンディー・ウォーホル」を頬張りながら飲むと、どうでしょう! 不思議なことにお祭りの屋台で食べた「チョコバナナ」の味になるのです。これも“ワインはドレッシングとして料理を昇華させる”と考える野口氏ならではの発想です。
PAGE 4
アルコールペアリングは、ワインを中心に日本酒などもラインナップ。料理は同じでもその日の天候や食材のコンディションによって、用意していたワインを変えることもあるそうです。また泡で始まって白から赤で終わる定番の流れも覆し、いきなり赤からスタートすることも。これぞペアリングの醍醐味というものでしょう。
お酒が飲めない人にも朗報です。大抵、ノンアル派には選択の余地がなく、ジンジャーエールやオレンジジュース、ワイナリーのブドウジュースがあったら至福という感じでしょう。ところがこちらでは、ソーダで割った自家製シロップや手作りのジュースなど、カクテル感覚のノンアルペアリングが楽しめます。ちなみに「アンディー・ウォーホル」には、甘酒とマンゴー酢を使って昔懐かしいミックスジュースをイメージしたオリジナルドリンクをペアリングしています。
こんな面白い仕掛けがあるので、こちらではアルコールもノンアルコールもペアリングが必須。Wペアリングする人もいるそうですよ。
 
また国内外の水を厳選したウォーターペアリングもぜひトライして欲しいところ。口の中に残った脂を切ってくれる水や、牡蠣に合わせたミネラルたっぷりの水など、飲んでみて“目からウロコ”なものばかりです。
PAGE 5
ワインのクオリティを考えると、費用対効果はとても良いのですが、それはワインバー「sanmi Lab」が併設されているからできること。こちらでは、フレンチの料理人が料理の枠やジャンルを飛び越えて美味しいものだけを作る実験的な料理を、アラカルトで33種類以上のグラスワインとともに提供しています。
オリンピック開幕前には日比谷線に「虎ノ門ヒルズ」駅が誕生する予定で、駅直結によりますます活気づく虎ノ門ヒルズ。その地で新しい味を創り出していく「sanmi」は、ふたりの記憶に残る夢のような時間を約束してくれるでしょう!

sanmi

住所/東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー2F
営業時間/19:33〜23:03(19:33〜の一斉スタート)
定休/日曜、祝日

※「sanmi Lab」は11:00〜14:30、18:00〜23:00の営業(無休)。

HP/https://sanmi.tokyo

予約・お問い合わせ/☎︎ 03-5860-9570

● 料金/コース料理(11品)8333円、アルコールペアリング(10種)7333円 or ノンアルコールペアリング(6種)5333円、グランヴァン ペアリング1万3333円、スペシャルグランヴァン ペアリング3万3333円、ウォーターペアリング1533円

※ 3月以降はコース料理(11品前後)8333円、ウォーターペアリング3種を含めたアルコールペアリング/ノンアルコールペアリング(10種前後)8333円、グランヴァン ペアリング1万6333円、スペシャルグランヴァン ペアリング3万3333円

※料金はすべて税サ別

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        虎ノ門ヒルズ駅の開業前に行っておきたい! いま話題のモダンフレンチとは!? | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト