• TOP
  • FASHION
  • ミリタリー好きなら知ってて当たり前? エクワックスを説明できますか?

2019.10.04

ミリタリー好きなら知ってて当たり前? エクワックスを説明できますか?

エクワックスって、聞いたことあります? 新しいスイーツでも、車のコーティング剤でもありません。れっきとしたミリタリー用語です。まったく知らなかったと言う人も、聞けば意外に馴染みあることだったりするんですよ。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/安岡将文

今から買い揃えれば、冬も春も準備万端です

最近、古着屋に行きました? かつては、30年代から60年代辺りのアイテムが並んでいた古着屋ですが、昨今は90年代のアイテムが中心に。確かに30年も前ではありますが、自分が生きていた時代がヴィンテージ扱いされるのは、少々複雑です。

そんな中、ミリタリーにも変化が。M-51やM-65は相変わらず人気ですが、昨今は90年代だけでなく2000年代のミリタリーウエアも人気を集めているようです。そんな中、注目されているキーワードが「エクワックス」です。

エクワックスとは、ECWCSに日本語を当て字したもの。正確には「Extended Cold Weather Clothing System」のことで、訳すと拡張式寒冷地被服システムとなります。

これは、1980年代にアメリカ軍で開発されたもので、気候や気温に応じてウエアを7段階にレベル分けし、それらを組み合わせることで様々な環境に多段階的に対応するという仕組み。なんだか難しい話に思えるでしょうが、要は気候と気温に応じて適切な重ね着をしようってことです。この考え方は、アウトドアウエアにおけるレイヤリングと同じ。というより、実はアウトドアウエアに着想を得ているんですけどね。

デッドストックや払い下げ品のほか、ファッションブランドでもエクワックスをモチーフにしたウエアは散見されるとあって、是非とも注目してみてください。
PAGE 2

◆エクワックス例 その1 

秋はレベル3で快適コーデが完成

カットソー4600円/デットストック(ハレル)、フリース2万8000円/アカンサス(アカンサス)
レベル2のベースレイヤーに、レベル3のフリースをレイヤードした例。こうして重ねていくことで、寒さに対応するだけでなく、暑く感じた時には脱いで適時に気温に対応するのがエクワックスの特徴です。ちなみに、デッドストック等ではエクワックスの規格に沿ったウエアを見つけられますが、ファッションブランドにおいてはそのデザインとスペックはあくまでエクワックスをモチーフにしているだけというものもあるのであしからず。

◆エクワックス例 その2 

日本の冬はこれでOK! レベル5コーデ

カットソー4600円/デットストック(ハレル)、フリース2万8000円/アカンサス(アカンサス)、シェル4万2000円/デットストック(バンブーシュート)
レベル2のベースレイヤー、レベル3のフリース、そしてレベル5のシェルをレイヤード。ベースレイヤーで吸汗速乾、フリースで保温、シェルで防水透湿というそれぞれの性能を組み合わせることで、日本の冬では十分なコーデが完成します。ちなみに、エクワックスにおけるシェルでは、ゴアテックスが基本採用されています。
PAGE 3

◆エクワックス例 その3 

寒さ厳しい場所への旅行はレベル7で

カットソー4600円/デットストック(ハレル)、フリース2万8000円/アカンサス(アカンサス)、コート4万円/ワイルドシングス×アーバンリサーチ バイヤーズセレクト(アーバンリサーチ プレスルーム)
レベル2のベースレイヤーに、レベル3のフリース、そしてレベル7の防寒アウターを組み合わせれば、相当な寒冷地でも耐えられるコーデに。レベル7で使われる保温素材にはプリマロフトが基本採用されていますが、ゴアテックスも然り、リアルなエクワックスではアメリカ製品が使用されています。これは、有事の際にも供給が滞らないようにするためです。

◆おすすめアイテム  その1

3シーズン対応の快適ベースレイヤー

4600円/デットストック(ハレル)
肌着となるのがレベル1に対し、こちらはその上に着るレベル2。ジップアップとハイネック仕様により、首元の温度調整を図ります。伸縮性が高く、吸汗速乾性に優れているのも特徴。ベースレイヤーなので、タイトなシルエットになっています。
PAGE 4

◆おすすめアイテム  その2

暖かいだけじゃなく、機能的なのがミソ

9800円/ロスコ(トールフリー)
エクワックス第3世代の規格に準じた、レベル3となるフリースジャケット。毛足の長いポーラーフリースに、ナイロンによる補強、そしてボディサイドをパワードライグリッドに切り替えることで、ストレッチ性と通気性を備えています。

◆おすすめアイテム  その3

エクワックスをサンプリングした都会顔アレンジ

6万5000円/wjk(wjk base)
エクワックスのレベル5に相当するパーカをモチーフにした1着。原型となるパーカにはないシンサレートを採用することで保温性を高めつつ、細身に仕上げることで都会に馴染むミリタリーアウターに。
PAGE 5

◆おすすめアイテム  その4

90年代ストリートが旬な今、デッドストックが狙い目

4万9800円/デットストック(バンブーシュート)
90年代のデッドストックとなるこちらは、民生品として販売されていたもの。タグはありませんが、防水透湿仕様であることから、おそらくゴアテックスを採用していると思われます。レベル6相当のハードシェルで、パウダーガードなどさすがハイスペックな作りです。

◆おすすめアイテム  その5

フリースとの重ね着なら、大抵の寒さは凌げます

4万円/マウントレイニアデザイン(ハイ!スタンダード)
ここ数年人気の、いわゆるモンスターパーカ。エクワックスでは極寒地を想定したレベル7にカテゴライズされる防寒アウターで、それをモチーフにしたこちらでは、中綿に自らが発熱するマウンテンサーモを採用することで、実際に極寒地でも対応できる高い保温性を誇ります。
※掲載商品は税抜です

■ お問い合わせ

アカンサス 058-253-2750
アーバンリサーチ プレスルーム 03-6434-9940
wjk base 03-6418-6314
トールフリー 03-3715-9278
ハイ!スタンダード 03-3464-2109
ハレル 03-5734-1946
バンブーシュート 03-5720-1677

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL