• TOP
  • ELECTRONICS
  • “肉好き”は絶対買い! 「BONIQ」で和牛ステーキ焼いてみた

2021.03.21

“肉好き”は絶対買い! 「BONIQ」で和牛ステーキ焼いてみた

「どんな肉でも美味しくなる」と話題の低温調理器「BONIQ」。ここでは最新モデル「BONIQ 2.0」を使ってステーキを調理してみました! 果たしてそのお味は……?

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/R.MOON 文/平井敦貴

肉を美味しくする魔法の調理器

ここ数年、肉好きの間で話題となっている「低温調理器」。みなさんご存知でしょうか?

読んで字のごとく「低温」で「調理」する器具ですが、この場合の「低温」とは「高温ではない」ということ。沸騰したお湯でぐつぐつ煮るのではなく、50〜60度など一定の温度で調理するキッチン家電を指すんですね。

例えば肉の場合、そのタンパク質はおよそ70度を超えると固く縮み、肉汁をほとんど失ってしまうと言います。そのため、肉汁を失わず柔らかく調理するには55〜58度が最適だそう。

「低温調理器」は、まさにその湯温をキープして加熱するため、肉本来の美味しさをそのまま引き出すことができるんです。
▲ 「BONIQ 2.0」本体2万2000円、6Lバルクアップコンテナ3278円、6Lコンテナ用 保温ジャケット2178円、6Lコンテナ用 保温ルーフ1738円(すべて税込)※編集部調べ
ということで今回は、そんな低温調理器の火付け役として知られる「BONIQ(ボニーク)」をご紹介。実際にステーキを焼いてみましたので、ぜひ最後までご覧くださいませ。
PAGE 2

市販のお肉を買ってきました

今回用意したのは、いたって普通の市販のお肉。九州産黒毛和牛(サーロインステーキ用、約130g)となります。こちらの肉を塩コショウで味付けしたら、ジップ袋に入れてなるべく真空状態にします。
ジップ袋に空気があると調理中に浮き上がってしまうので、ここでは手を抜かず、ちゃんと空気を抜くようにしましょう。
PAGE 3

BONIQ本体をセット

続いては調理器のセットです。今回は純正の6Lコンテナと保温ジャケットを用意しました。が、もちろんお手持ちの鍋でも大丈夫です。ガイドの線までたっぷり水(またはぬるま湯)を注ぎます。
「BONIQ」本体をコンセントに繋いだら、コンテナ(もしくは鍋)の縁に挿して温度と時間をセット。ここではステーキにオススメの「58度」「2時間」としました。

しばらく待つとコンテナの水が58度まで上がり、準備完了の音が鳴ります。
続けて先ほどの肉をドボン! あとは蓋(保温ルーフ)をして2時間待つのみです。
PAGE 4

2時間経ったらいい感じ

2時間後、タイマー音が鳴ったら蓋を開けて取り出します。すでに色味が変わっているのがわかりますね。
柔らかそうな肉感! 見ているだけで口の中がジュワジュワになってきます。ハラペコでイキナリいきたいところですが、ここは我慢。仕上げに「焼き」を入れます。
フライパンにオリーブオイルを敷き、片面30秒~1分程度、焼き目がついたらひっくり返して両面を焼きます。すでにBONIQで調理済みなので焼き上がりまでが本当に早いんです!
PAGE 5
焼き上がり! う~ん、美味しそう! カット面も肉汁たっぷりですね。
味付けは岩塩をパラリのみ。グリーンとワインを添えて完成です! さっそくいただきます。

感想。

美味い。

いや〜、実際に食べてみたらびっくりしました。柔らかさはもちろん、ひと口噛むたびに肉汁が口に広がり、これまで自宅で食べてきたステーキランキングでもぶっちぎりの1位です。というか、これさえあれば明日からでもステーキハウスが営業できるんじゃないかという錯覚まで起きました。肉好きなら必携というのも納得です。
ただ問題が一つ。

これから自宅でステーキを作る時、これなしではいられなくなったので、下ごしらえに2時間が必要になってしまいました。私、ハラペコでイキナリ食べたかったのですが。

■ BONIQ

「BONIQ 2.0」 価格:2万2000円

【別売り】
6Lバルクアップコンテナ 価格:3278円
6Lコンテナ用 保温ジャケット 価格:2178円
6Lコンテナ用 保温ルーフ 価格:1738円
※編集部調べ

https://boniq.store/

※掲載商品はすべて税込み価格です

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        “肉好き”は絶対買い! 「BONIQ」で和牛ステーキ焼いてみた | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト