• TOP
  • LIFESTYLE
  • プロに聞く! 雨に濡れた革靴とスーツの手入れの極意

2018.06.10

プロに聞く! 雨に濡れた革靴とスーツの手入れの極意

梅雨の季節。強い雨が降る日でも、外に出なければならないのがビジネスマンの宿命です。すると困るのが、濡れた革靴やスーツのお手入れ。一体どうするのがベストか!? プロに聞きました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) 文/池田保行(04) 協力/サルト銀座店、ユニオンワークス銀座店

雨に濡れた靴は半乾きのうちにメンテナンスを

「まずはビジネスマンには必須のドレス靴。雨に濡れた革靴は、帰宅してから自宅できちんとメンテナンスするのも大切ですが、実は日頃のお手入れが肝心なんです」

そう話すのは、ユニオンワークス銀座店の鳥海悠介さんです。普段から革に脂分を補ってある革靴なら、多少雨に濡れても水を弾くのでトラブルがおきにくいのだそうで、雨水を拭き取ってすこし乾かせば元の状態に戻るという。
濡れた靴を乾かすには、シューツリーを入れないで、壁や玄関の駆け上がりにつま先を乗せ、踵を点で支えることで靴底に風を通します。まだ完全に乾ききらないうちに、クリームなどで脂分を与えてやるのがコツなんです。
靴の中にまで水が滲みてしまってびしょびしょの状態ならそうはいきませんよね。

「雨に濡れた靴は、まず乾かすところから始めましょう。軽くブラッシングして砂を落としたら、シューツリーを抜いたまま新聞紙やキッチンペーパーを詰め、踵1点で支えた状態でつま先を立てかけ全体に風が通るようにします。

この状態で数時間、ときどき靴をチェックして完全に乾ききらないうちにメンテナンスをはじめるのがコツです。完全に乾ききると、滲みになったり塩が吹いたりしますので」。

ドレス靴のなかでも黒靴の場合は、乾くと白っぽい塩滲みが浮きがちです。そんな時は濡らしたタオルを硬く絞ってしみの上に乗せておくと、水分と馴染んで消えていきます。

その後、黒のクリームを塗って脂分を足してくのがポイントです。また、茶靴の場合は多少の色ムラは黒靴と同様の方法でぼかすことができます。

ただ、しっかりとしみがついてしまったら厄介。バケツの水にどっぷりつけてサドルソープで水洗いするという手があるのですが多少心得のある人でなければ少々難しいので、プロに頼む方が得策です。茶色の色味やトーンも様々ですので、補色もプロに任せたほうが安心です。

NEXT PAGE2/ 5

レザーシューズのお手入れ用クリームは、この3種

レザーシューズのお手入れ用クリームは、この3種

右はどんな靴にも使える「ニュートラル」、真ん中は黒靴にマストの「ブラック」。左の「デリケートクリーム」は、クリームを塗る前に使って、革に水分を与えるのがポイントです。右、中/各900円、左/1000円(ユニオンワークス銀座店)
右はどんな靴にも使える「ニュートラル」、真ん中は黒靴にマストの「ブラック」。左の「デリケートクリーム」は、クリームを塗る前に使って、革に水分を与えるのがポイントです。右、中/各900円、左/1000円(ユニオンワークス銀座店)

雨の日の滑り防止にはラバーソール化が有効です

雨の日のレザーソールの靴はすべりやすいので、とっても危険です。とくにオフィスビルのエントランスなど、雨水に濡れた大理石のロビーなんかは大敵です。そこで雨の日でもはくと決めた靴は、購入したらすぐにソールの半分をラバーソールに貼り替えてしまうのも手。ユニオンワークスでは1ペア3500円でハーフラバーソールにしてくれます。
雨の日のレザーソールの靴はすべりやすいので、とっても危険です。とくにオフィスビルのエントランスなど、雨水に濡れた大理石のロビーなんかは大敵です。そこで雨の日でもはくと決めた靴は、購入したらすぐにソールの半分をラバーソールに貼り替えてしまうのも手。ユニオンワークスでは1ペア3500円でハーフラバーソールにしてくれます。

NEXT PAGE3/ 5

水濡れで固まったスエードはブラシで起こす

水濡れで固まったスエードはブラシで起こす

雨や水滴に濡れたスエードが、こんなふうに固まったようにシワになっていることってありますよね。これはブラシでほぐしてあげれば元通りになりますよ。
雨や水滴に濡れたスエードが、こんなふうに固まったようにシワになっていることってありますよね。これはブラシでほぐしてあげれば元通りになりますよ。
雨に強いといわれるスエード靴ですが、雨水に濡れたあと、毛羽が絡んで固まってしまうことがあります。これが汚れやシミの原因です。

こんな症状はブラシでこすってほぐしてあげれば元通りに。その際に水をつけてブラッシングすることで、毛の絡みがほぐれやすくなります。

「四方八方、さまざま々な方向にブラシを掛けながら、完全に毛羽がこまかくほぐれるまで優しく、根気よくブラッシングしましょう」。

完全に乾くまでブラッシングは1〜2時間おきに

スエード靴には、専用のブラシを用意。ほかの靴磨き用に使っているクリームがついたままのブラシを共用すると、脂分でスエードの風合いを損ねますのでご注意ください。
スエード靴には、専用のブラシを用意。ほかの靴磨き用に使っているクリームがついたままのブラシを共用すると、脂分でスエードの風合いを損ねますのでご注意ください。
固まった毛羽を水分でやわらくしてからスエードをブラッシングするので、革を再び濡らすことになります。そこで、ブラッシングしてからも1〜2時間おきに靴の状態をチェックしてご確認ください。

一回ほぐしたからといって、乾くまでほっといてはいけません。半乾きの状態なら何度も何度も、完全に乾ききるまでブラッシングしましょう。

「帰宅してその日の内にというのは難しいかもしれないので、休日など靴メンテに時間をかけられる時にやるほうがいいですね。時間がたつと汚れは落ちにくくなりますので2週間以内を目安にしてください。」

NEXT PAGE4/ 5

しつこい汚れは消しゴムで

しつこい汚れは消しゴムで

  スエード専用の消しゴムで毛羽についている汚れや、毛羽の根本の細かいホコリを取り去ります。こちらは専用の生ゴム消しゴム。文具の消しゴムでは、細かすぎるのでダメなのだそうです。
スエード専用の消しゴムで毛羽についている汚れや、毛羽の根本の細かいホコリを取り去ります。こちらは専用の生ゴム消しゴム。文具の消しゴムでは、細かすぎるのでダメなのだそうです。

最終的に困ったらコチラにお持ち込みください

ちょっと自分じゃ難しそうと思われたら、プロにおまかせするのがよろしいかと。今回のメンテナンスをご指南いただいたユニオンワークス銀座店・店長の鳥海悠介さん。以前は青山店の初代店長でもありました。かつてはアパレルメーカーに勤務していたこともあり、ファッションの相談もおまかせあれです。
ちょっと自分じゃ難しそうと思ったら、プロにおまかせするのがよろしいかと。今回のメンテナンスをご指南いただいたユニオンワークス銀座店・店長の鳥海悠介さん。以前は青山店の初代店長でもありました。かつてはアパレルメーカーに勤務していたこともあり、ファッションの相談もおまかせあれです。

◆ ユニオンワークス銀座

シューリペアのパイオニアでもあるユニオンワークスでは、靴に関するあらゆるトラブルに対応していただけます。他店で断られた修理も、相談に載ってくれます。銀座店は1932年に建てられた、銀座屈指の高級デザイナーズビルの1階に入っています。
住所/東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル103
営業時間/12:00〜20:00
定休/水曜日
URL/http://www.union-works.co.jp/
お問い合わせ/☎03-5159-5717
朝から降り続く雨にしっとり濡れたり、急なゲリラ豪雨にヤラれたりとなにかとスーツに過酷な梅雨の時季。大切なスーツは、正しいメンテナンスでいつでもパリッとこなしたいものです。

そこで梅雨時のスーツの正しいメンテ方法をサルト銀座店のフィッター・森岡さんに伺います。

スーツが濡れてもドライヤーで乾燥させてはいけません

水滴などはサッと振り払ってから、タオルでやさしくトントンと水分を拭います。毛羽が抜けやすいタオルだと、表地に繊維が絡みますので、タオル選びもご一考を。
水滴などはサッと振り払ってから、タオルでやさしくトントンと水分を拭います。毛羽が抜けやすいタオルだと、表地に繊維が絡みますので、タオル選びもご一考を。
「雨に濡れたスーツは、まずは乾いたタオルなどで拭き取ります。このとき清潔なタオルを使いましょう。ごしごし擦るのは禁物です。軽くポンポンと叩くようにするとよろしいかと。ある程度水分を吸い取ったら、風通しのよい室内もしくは日陰で自然乾燥。ドライヤーなどで強制的に乾燥させると、縫い目が縮んだり輪染みが浮いたりするので絶対にいけません。」

「乾いたら丁寧にブラッシングして、いつもどおりのメンテナンスを。頻繁にクリーニングに出す必要はありませんが、汗などが滲みたスーツは半年も寝かせると汚れが酸化して落ちにくくなり、雨濡れしたときの輪滲みの原因にもなります。それほど汚れていないスーツでも、2〜3年に1度ウォータークリーニングに出すと発色が見違えますよ。」

NEXT PAGE5/ 5

干す時のハンガーにもご注意ください

干す時のハンガーにもご注意ください

右はハンガーが大きすぎて袖まで入っています。左は逆に小さすぎて、肩先が落ちてしまっています。これって濡れたスーツを乾かすときだけでなく、クロゼットにしまっておくときもスーツが型くずれする原因となりますのでご注意ください。
右はハンガーが大きすぎて袖まで入っています。左は逆に小さすぎて、肩先が落ちてしまっています。これって濡れたスーツを乾かすときだけでなく、クロゼットにしまっておくときもスーツが型くずれする原因となりますのでご注意ください。
「普段から、それぞれのスーツの肩幅に合わせたハンガーをお使いください。ハンガーが小さいと肩線にポコッと跡がついてしまいます。大きすぎると二の腕あたりにへんな突起状のアタリが出てしまいます。とくに雨濡れしたジャケットは生地が伸びやすいので、サイズの合わないハンガーはご注意を。購入時のハンガーをとキープしておいて使うと間違いないでしょう」

スーツの困りごとはサルトへどうぞ

  トラブルを抱えたスーツを蘇らせるならコチラのお店へ。オリジナルのオーダースーツもございます。銀座店の森岡和也さんは、サルト銀座店のトップフィッター・寒澤氏の一番弟子という若手の超有望フィッターさんです。
 トラブルを抱えたスーツを蘇らせるならコチラのお店へ。オリジナルのオーダースーツもあります。銀座店の森岡和也さんは、サルト銀座店のトップフィッター・寒澤氏の一番弟子という若手の超有望フィッターさんです。

◆ サルト 銀座

昔のスーツやジャケット、パンツを今風のスリムシルエットにモディファイするのはモチロン、コートやシャツ、レザーブルゾンまで、あらゆるアイテムのお直し&カスタムを手がける、ご存知、お直し界の駆け込み寺。梅雨の雨で傷んでしまった大切なワードローブを生き返らせるのだって、おまかせください。
住所/東京都中央区銀座2-6-16 第二吉田ビル 2F・3F
営業時間/11:00〜19:30
定休/水曜
URL/http://www.sarto.jp/
お問い合わせ/☎03-3567-0016

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事