• TOP
  • LIFESTYLE
  • 「良い腕時計は、7つの条件で選ぶ」- クロノス編集長の選び方

2019.10.26

「良い腕時計は、7つの条件で選ぶ」- クロノス編集長の選び方

時計はクルマと同じ目線で見ればいい。工業製品という前提に立って、「良い時計の条件」を知ることで最良の選択肢にたどり着く。広田雅将氏(時計専門誌『クロノス日本版』編集長)が考える「7つの条件」とは。

CATEGORIES :
文/広田雅将(クロノス編集長)
時計というのは、情念やフェティシズムの対象ではあるけども、冷徹に見るとあくまで工業製品だ。独立時計師の作品などには工芸品と呼べるモノも見られるが、大多数の時計は、昔も今も工業製品である。つまり売価は、コストを積み上げた結果としてつく。では、高い時計ほどいいのかというと、必ずしもそうではない。それが時計の面白いところ。
 
量産できるメーカーは安価で良質なモノを作るし、設備投資を怠らないメーカーは、同じ金額でもやはり質の良い時計を作るだろう。結局、良い時計を見るには、工業製品という前提に立った上で、買う側も見る目を養うことだ。つまり、何がいい時計の条件なのかを知ることである。
 
時計の質を判断するのは、あまり難しくない。難しくしようと思えばいくらでもできるが、それはコレクターに任せればいいのであって、普通に生きている中で、探すのは決して難しくない。結論を先に言うと、時計はクルマと同じ目線で見ればいい、である。

1. 時計はまずリュウズを触るべし

ある評論家が、クルマは10メートル走ればわかると語った。時計も同じで、リュウズを引っ張って、時間を合わせたり、ゼンマイを巻けばある程度はわかる。

30万円以上の自社製ムーブメントを載せた時計の場合、時間を合わせる際、ごりごりした感触のあるモノは避けた方がいい。

またゼンマイを巻く重さと、針合わせの感触が極端に違うモノも、避けた方がいい。車で言うと、アクセルとクラッチの重さが違うようなものだ。きちんとしたメーカーは、両者の重さが同じようになるよう配慮している。
PAGE 2

2. 時計は角を見るべし

工作機械が進歩した結果、最近の時計はエッジの立ったケースを持てるようになった。ただし注意すべきは、エッジの立ち具合である、立ちすぎたものは、シャツの袖を痛める。

とりわけケースの裏側やブレスレットのつなぎ目には注意。指で触ってみて、痛いと思うモノは避けるべし。立っているようで極上のしなやかさの好例は、ロイヤル オークだ。

オーデマ ピゲ/ロイヤル オーク・クロノグラフ 425万円

自動巻、チタンケース(41mm)×チタン&プラチナリンクブレスレット。発売中/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)

3. 時計は面を見るべし

時計の外装を見たければ、ケースの鏡面に顔を近づけるべし。良い車のボディに同じく、顔が歪みなく写るモノは良質だ。好例はブライトリングのクロノマット。

ブライトリング/クロノマット JSP 83万円

自動巻、SSケース(44mm)×ブレスレット。50気圧防水。発売中/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
PAGE 3

4. 部品の隙間は適切か?

クルマのドアとボディの隙間が空きすぎていると、遠目から見てもカッコ悪い。時計も同じ。部品同士の隙間が詰まっているほど、時計はよく見える。例えば、ブレスレットの弓管(ラグの間をカバーする部品)と、ラグの隙間。好例はロレックスのオイスターだ。

ロレックス/デイトジャスト 41(Ref. 126334) 89万円

自動巻、18KWGベゼル&SSケース(41mm)×SSブレスレット。10気圧防水。発売中/ロレックス(日本ロレックス)

5. ブレスレットには適度な遊びがあるか?

時計メーカーの成熟を知るには、ブレスレットを見ればいい。一般的に言われるのは、左右の遊びが小さなブレスレットは良い、である。しかし遊びの小さすぎるブレスレットは、付けていて疲れる上、毛を挟む場合がある。とりわけ毛深い人は、ブレスレットの遊びには要注意。あえて遊びを持たせた時計の例には、グランドセイコーがある。

グランドセイコー/SBGJ201 67万円

自動巻、SSケース(40mm)×ブレスレット。10気圧防水。発売中/グランドセイコー(グランドセイコー専用ダイヤル)
PAGE 4

6. 発色のいい文字盤は魅力的だ

最近各社が力を注ぐのは、発色の良い文字盤。しかし色を鮮やかに出すには、作るメーカーと、発注者にそれなりのノウハウがいる。とりわけ、グリーンやイエロー、レッドなどは、色を出すのが大変に難しい。採用しているモデルがあるなら、そのメーカーには力量がある、と考えるべきだろう。ブルガリが好例だ。

ブルガリ/オクト 78万5000円

自動巻、SSケース(38mm)×ブレスレット。10気圧防水。発売中/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)

7. 自社製ムーブメントだからといって、良いとは限らない

いわゆる高級時計には、自社製ムーブメントを載せるものが増えてきた。しかし必ずしも、自社製だからといって良いとは限らない。もし買うならば、パワーリザーブが長いものや、何かしらの特徴があるものを選ぶこと。また出始めの自社製ムーブメントには不具合が多い。出て数年たったものを買う方が吉だ。

広田雅将(クロノス編集長)

1974年 大阪府出身。時計専門誌『クロノス日本版』編集長。サラリーマンを経て2004年からフリーのジャーナリストとして活躍。2016年より現職。関連誌含め連載を多数抱える。
■お問い合わせ
オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
グランドセイコー専用ダイヤル 0120-302-617
日本ロレックス 03-3216-5671
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011
ブルガリ ジャパン 03-6362-0100

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL