• TOP
  • ITEMS
  • 【新作】英国トレンドの今、マッキントッシュの名作コートは絶対買い!

2020.01.12

【新作】英国トレンドの今、マッキントッシュの名作コートは絶対買い!

英国クラシック回帰の昨今、裾にかけてフレアするAラインのシルエットを復活させたマッキントッシュ。その正統派の美しい姿にうっとりする暇もなく春夏の新作が発表されました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/髙塩崇宏 文/石井 良

マッキントッシュは今が買い時なんです!

代名詞であるゴム引きの防水生地、マッキントッシュ・クロスの発明にはじまり、約200年の歴史を紡いできたマッキントッシュ。ここが名品の名に相応しいブランドであることは言わずもがなですけれど、名品だからと言ってアップデイトされていないワケではありません。
 
伝統が軸にありながら、時代とともに進化していくのが本家マッキントッシュの魅力。少し前まではタイトなシルエットが主流でしたが、英国クラシック回帰の機運が高まったことを受け、大人の余裕を醸すゆったりしたサイズへと変更されました。
 
特に往年のAラインを描く「ダンケルド」が復活したり、新開発素材「レインテック」が登場した前シーズンは、回帰をしながら進化をした年。矛盾するようですが、まさに英国クラシックを作ってきたのがマッキントッシュであるわけですから。
 
その上において発表された2020年の春夏のアイテムは、いわばこれからのマッキントッシュを担う新たな名品とでも言いましょうか。トレンド感がありながらもクラシック。今の気分にフィットするし、長く着ても古びない。つまり、今が“買い”でしょう。
こちら、60年代の英国で撮られた騎馬警察隊員のお写真です。長い丈や広がった裾などは、こうした乗馬のスタイルにも欠かせないものだったことがお分かりいただけるでしょうか。
PAGE 2

◆ダンケルド 

古くも新しいシルエットが今の気分

13万6000円/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)
クラシックを象徴するAラインのシルエットを纏った「ダンケルド」。比翼仕立ての前立てに、襟を立てるためのチンストラップがついた王道の雰囲気。ネイビーの地にピンストライプを走らせたこちらは、ロロ・ピアーナ社の生地を使用した特別感のある一着です。

◆ダンケルド 

5年後、10年後の姿が気になってしょうがない

7万9000円/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)
こちらも同じ「ダンケルド」ですが、なんと素材はデニム生地。いわゆる“デニムの耳”の部分が前立てに隠れているという洒落感も見事です。果たしてどんな色落ちをするのか、将来の姿が気になって仕方がありません。
PAGE 3

◆ダヌーン 

カジュアル寄りで着るなら、こちらもオススメ

11万8000円/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)
ダンケルドとほぼ同じ仕様ながら、カジュアルに着回しやすいのが「ダヌーン」。その秘密は丈の長さで、ダンケルドよりも10cmほど短くなっています。見た目に重くなりがちなゴム引きコートですが、軽快感があるのもこのモデルならではです。

◆ダンバース  

フードがあれば一石二鳥です

17万8000円/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)
こちらはフードが付いた「ダンバース」です。もちろん取り外し可能ですから、通常のステンカラーとしても楽しめます。バーニッシュドゴールドと名付けられたアバンギャルドな色味も魅力です。
PAGE 4

◆モンクトン 

ミリタリー色を配した都会的なトレンチ

15万8000円/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)
この「モンクトン」が都会的でモダンな雰囲気なのは、肩のエポレットやガンパッチなど、ミリタリーのディテールを配し、ミニマルに徹しているから。ダンケルド特有の肩の美しいラインはこちらにも反映されており、中にジャケットなどを着ても美しい肩線を保ちます。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

マッキントッシュ青山店 03-6418-5711

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【新作】英国トレンドの今、マッキントッシュの名作コートは絶対買い! | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト