• TOP
  • ITEMS
  • 吉田カバン・ポーターの傑作シリーズの進化がすごい!?

2019.05.12

吉田カバン・ポーターの傑作シリーズの進化がすごい!?

ウェアほど頻繁に新調することがないバッグ。しかし、春シーズンとなれば話は別。環境が変われば心機一転。バッグも新しいものが欲しくなります。となれば、まずは毎シーズンご恒例のポーター詣でと参りましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

休日のお供はブラックボディの傑作シリーズ

薄手になる春コーデにおいては、バッグはもはやアクセサリー。ファッションアイテムとしての重要度が、冬シーズン以上に増してきます。そこで、ポーターの新シリーズ、ポーター スイッチをご紹介。2016年の秋冬に登場したポーター ネクサスの仕様を、アップデートする形で登場した同シリーズ。

コットンサージを主素材に、高強度ナイロンGAIFUやリップストップなど、異素材を組み合わせているのが特徴です。それでいて、カラーは黒のワンントーン。つまり、どんなコーデにも合わせやすく、それでいて単にシンプルとは違うってこと。このバランス感、大人の休日バッグにうってつけです。

◆ デイパック

ベーシックな中にも、素材のニュアンスあり

W31×H44×D13.5cm 2万8000円/ポーター(吉田)
クラチカ バイ ポーターのオリジナルとしてリリースされたポーター ネクサスをベースとした素材使いは、メインにコットンサージを採用。撥水加工を施し機能性を高めるも、天然素材の手触りが魅力です。

サイドにはホックボタンを配したナイロンポケットが。シンプルな黒のワントーンながら、素材の切り替えによって変化を与えます。加えて、スポーティな雰囲気も楽しませます。
PAGE 2

◆ ショルダーバッグ L 

黒のワントーンだから、コーデを選ばない

W29×H20×D11cm 1万8000円/ポーター(吉田)
少し荷物の多い休日バッグにうってつけなショルダーバッグは、幅25cmのSサイズも展開中。撥水加工した天然のコットンサージを本体に用いながら、ストラップは軽量化と強度を確保するためにナイロン製を。マチ付きのアウトポケットが、小物入れに便利です。

サイドのナイロン切り替えは、こちらでも踏襲。ジップパーツやバックルなど、すべてが黒で統一されています。

◆ ショルダーポーチ

バリエーションの豊富さは、さすがポーターです

W13×H19×D4cm 1万3000円/ポーター(吉田)
休日バッグとして、またはアウトドアで、はたまたトラベルや夏フェスでも活躍してくれるコンパクトサイズのポーチ。高さが19cmなので、長財布やチケットもすっぽりと収まってくれます。

開口部はナイロンを配したフラップ&面ファスナーですが、両サイドにはさらにジップを採用。背面にはベルトループが付けられており、ストラップを外せばウエストポーチにもなります。
PAGE 3

◆ サコッシュ

これからの季節、さらにお役立ちな形です

W26.5×H19cm 1万5000円/ポーター(吉田)
休日に使い勝手の良いサイズに、ダブルジップ、そして中でセパレートされたアウトポケット。薄マチながら収納力は十分です。ポケットの開口部などにはナイロンテープを施し補強するなど、さすが耐久性に対するこだわりも完璧。

ストラップはナイロン製で、背面にはリップストップ生地を採用し、それ自体がホックボタン付きのポケットになっています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

吉田カバン・ポーターの傑作シリーズの進化がすごい!? | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト