• TOP
  • HEALTH
  • 【新作】ウールリッチが本物のダウンと呼ばれる理由

2020.01.24

【新作】ウールリッチが本物のダウンと呼ばれる理由

南極探検隊や米軍にウェアを提供したことでも知られるウールリッチ。歴史の重みとホンモノの実力を備えているうえに、トレンドをちゃっかり押さえているのがこちらの魅力です。今回は、そんなウールリッチの新作アウターをご紹介いたします!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/T.Kawata

実力とトレンド、ともに申し分なしの新作ダウン

いまやダウンアイテムは百花繚乱です。そのなかでも歴史的な経緯を踏まえると、ウールリッチのそれは欠くことの出来ない存在と言えましょう。なにせ、1830年にアウトドア用衣料の製造に着手したアウトドアブランドの先駆者ですから。

さらには南北戦争で北軍にブランケットを、南極探検隊と第二次世界大戦時の米軍には衣類の提供などをしています。どうです? この実力。

しかしすごいのは歴史だけじゃございません。新作はデザインも今の気分にぴったり。ここなら伝統と旬を兼備した大人に最適なダウンが手に入りますぞ!

◆ ウールリッチ 

アラスカの過酷な環境に耐えた名作が原型です

9万8000円/ウールリッチ (ウールリッチ 青山店)
こちらは1970年代、アラスカの天然ガスパイプラインを引く人たちのワークウェアとして誕生したモデルを基に現代的にアレンジした一着。

まず目を引くのは過酷な環境を想起させる大きめのパッチポケットとハンドウォーマー。そして本体の生地は60/40クロス(コットン×ナイロン)にテフロン加工を施して撥水性を持たせた実力派です。ジャケットの上から着用してもストレスを感じにくいよう、袖口のリブを排したディテールも見逃せません。
PAGE 2

◆ ウールリッチ 

V字型のステッチを何と呼ぶか、ご存じ?

8万3000円/ウールリッチ (ウールリッチ 青山店)
素材のコンビネーションが目を引く立ち襟タイプのショートジャケット。ツヤツヤのナイロンには撥水加工が施されているのはさすが。そして、肩周りのラマークロスによる切り替えからは、スタイリッシュな雰囲気が漂っています。

特徴的なV字型のステッチは、ウールリッチの象徴でもあるシェヴロン・ステッチと呼ばれるもの。収納式のフードや大きく便利な内ポケット、裾のドローコードなどディテールにも抜かりはありません。
PAGE 3

◆ ウールリッチ 

ウールリッチのアイコンといえば、この柄でしょ

10万6000円/ウールリッチ (ウールリッチ 青山店)
アメリカの大自然に一番馴染む柄といえば、伝統的なバッファローチェックではないでしょうか? こちらはウールリッチの顔ともいえるバッファローチェック柄のアメリカンウールとダウンを組み合わせたジャケット。フードは取り外し可能というのも気が利いています。

さらに肩にはマットなシティファブリック、袖には光沢のあるナイロンを使用。シンプルに見せかけて、実は多彩な素材のチョイスも魅力なんです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ウールリッチ 青山店 03-6712-5026

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
【新作】ウールリッチが本物のダウンと呼ばれる理由 | ボディメンテ | LEON レオン オフィシャルWebサイト