• TOP
  • GOURMET
  • オーストラリア発! スパイスたっぷりのモダン・タイフードで東京の夜空に乾杯❤

2017.10.01

vol.20「ロングレイン」/恵比寿

オーストラリア発! スパイスたっぷりのモダン・タイフードで東京の夜空に乾杯❤

写真/棚井文雄
デートのお店選び、みなさんはいつもどうしていますか? ガイドブックや雑誌はもちろん、さまざまなグルメサイトまであって、今やニッポンはレストランの検索天国ですよね。とはいえ、「デートを成功させるためのお店」をきちんと探し出せる人ってきっと少ないはず。だって、複雑な女性の好みや心理状態を理解できないと恋を成就させるってムズカシイもの。
 
そこで、本誌LEONでYULI*YULIとして14年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南いたしましょう。

新し物好きの女子に効く!?
オーストラリア発の話題店  part 1

ここ数年、シドニーやメルボルンなどの都市部を中心にオーストラリアのグルメ度がかなり上がってきていますよね。そういえば、夏に期間限定レストランとして取材した「Summer Supper」の吉野シェフも、さらなる研鑽を積みにオーストラリアに渡ると言っていたっけ。
 
ともあれ、「bills」の成功以来、オーストラリアから東京に進出する人気レストランも増えていますし、ついこの間も、お料理もインテリアもモダンでお洒落なオーストラリア発のタイ・レストランが恵比寿にできたんです。
「ロングレイン」は、何と言ってもタイ料理のイメージを覆すモダンなインテリアが素敵! 入って直ぐのカウンター(ここの照明が格好いいの)でアペしてから奥のテーブル席につくのもオージー・スタイルでオススメ。
1999年、スパイス豊かな本場のタイフードに魅せられたオーナー、サム・クリスティ氏が、シドニーに第一号店を開業してから18年。ついに「ロングレイン」が、恵比寿ガーデンプレイスタワーにオープンした「TOP of YEBISU」最上階39階に日本初上陸を果たしたというわけ。
 
「最近オーストラリアから来たタイ料理レストランが話題なんだけど、もう行った?」「ガーデンプレイスタワーの最上階が8月にリニューアルしたみたいだから、行ってみない?」など、彼女をお誘いしやすいフックがたくさんあるのがうれしいわよね。
お料理は、本場のタイフードを構成する4つの味、辛み・甘み・酸み・塩けがバランスよく混じり合うハーモニーを楽しめるの。どれもスパイスの効き具合が絶妙で、盛り付けやネーミングが目を引きます。
 
たとえば、「“エッグネット”ビーンスプラウトサラダ」は、ポークや海老の上にネット状の卵をかぶせたフォトジェニックな一品。卵を崩してサラダのようにあっさりといただけます。メインは炭火焼のステーキ「“クライングタイガー“牛ハラミのグリル ホット&サワーソース」のように、肉ラバーを唸らせる絶品も。虎が泣くほど辛い(泣くほど旨い、という説もあり) というメニュー名も絶妙。

タイ料理と言えば、の「海老のグリーンカレー」も人気です。オリジナルブレンドのカレーペーストで、なんだか後を引く辛さ!
お酒は、いろいろ特徴的で楽しい。キレイな夕焼け色のワインは、シドニーで流行中のオレンジワインとロゼ。どちらもタイ料理と相性がいいの。そして、カクテル文化が発達しているシドニーでは、みんなアペリティフにカクテルが普通なんですって。だから、コチラで出されているカクテルも面白いんです。 

たとえば、通称“スティックカクテル”と言われているカクテルはフルーツがゴロリと入っているから、きっと女性は喜ぶはず。スティックでフルーツを食べながら楽しめます。
そしてやっぱり眺望の良さも外せません。39階からの眺めは、右にベイブリッジ、正面に東京タワーとスカイツリー、そして六本木と、大都会・東京を見渡せるの。運が良ければ、夕方にこんなロゼ色に染まった空に出会えるかもしれない。もう、ふたりで乾杯するしかないでしょ!

ロマンティックな東京の風景を思い出に、“また見に来ようね”って次回のデートもお約束して❤︎

■「ロングレイン」

住所/東京都渋谷区恵比寿 4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー 39階

営業時間/月〜金曜 11:00〜16:00(L.O.15:00)、17:00〜23:00(L.O.22:30)、土日・祝11:30〜23:00(L.O.22:30)

URL/http://longrain.im-transit.co.jp

予約・お問い合わせ/☎︎03-5424-1300

●渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2017年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が10周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        オーストラリア発! スパイスたっぷりのモダン・タイフードで東京の夜空に乾杯❤ | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト