• TOP
  • GOURMET
  • 絶品ケーキが食べられる、鎌倉随一の絶景カフェ

2017.07.01

vol.7「ル・ミリュウ 鎌倉山」/鎌倉

絶品ケーキが食べられる、鎌倉随一の絶景カフェ

デートのお店選び、みなさんはいつもどうしていますか? ガイドブックや雑誌はもちろん、さまざまなグルメサイトまであって、今やニッポンはレストランの検索天国ですよね。とはいえ、「デートを成功させるためのお店」をきちんと探し出せる人ってきっと少ないはず。だって、複雑な女性の好みや心理状態を理解できないと恋を成就させるってムズカシイもの。そこで、本誌LEONでYULI*YULIとして14年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南いたしましょう。

CATEGORIES :
写真/棚井文雄

「鎌倉随一の絶景カフェテラスで愛を叫ぶ!?」

太陽が眩しい夏、都心からのドライブデートと言えば、行き先は湘南というのが定番。休憩場所には、海側のカフェやレストランを思い浮かべる方が多いと思うけれど、実は、山側にも素敵なお店がたくさんあるの。

私が友人を鎌倉案内する時に連れていく、とっておきのカフェのひとつ「ル・ミリュウ 鎌倉山」をご紹介しますね。実はこのお店、南麻布にあった私の事務所に隣接していた「ラ・プレシューズ」が前身だったの。
毎日のおやつタイムにケーキを買っていて、全種類制覇するほどよく通っていたのだけれど、ある日、忽然と消えちゃって。7年前、鎌倉山に引っ越された聞き、伺ってみたらびっくり!

あの都会のちっちゃなケーキ屋さんが、高級住宅地として有名な鎌倉山にオープンするなんて。しかも目の前にこんもりした樹海が広がり、遠くに相模湾まで見える高台に。日本でいちばんロケーションが贅沢なケーキ屋さんよ。お味もね!

人気の「アフタヌーンティースタンドセット」(2名分/4000円)。スパークリングワインもセットに含まれています。小鳥のさえずりをBGMに、ゆ〜っくりお過ごしくださいませ!
鎌倉山は、江ノ電や湘南モノレールでも最寄駅がなく、クルマで行くのがオススメ(お店の側にバス停はあるわ)。桜並木の山道をうねうねとドライブするの(ちなみに、地元の人たちにとって、海側が渋滞時の迂回道よ)。

1000坪もの山の斜面に建てられた白い洒落なモダン建築です。最近増改装されたルーフトップのテラスだけでも130㎡もあって、広〜い。そして見渡す限りの樹海も広〜いの。この景色は YULI*YULI (本誌LEONのペンネーム)認定、“死ぬまでに見たい湘南絶景遺産”のひとつです(笑)。
そして肝心なメニューは、パティシエの山川隆弘氏が、移転後もどんどん更新中。格別な景色と時間をゆっくりと楽しめるアフタヌーンティーセットがオススメよ。

ここ数年、日本人パティシエの活躍により、何層も味を重ねて複雑味が増したケーキが主流なのだけど、山川氏のケーキと言えば、その通常のケーキよりさらに1〜2層重ねているのが特徴なの。手間隙を惜しまない姿勢が、繊細な美味しさを生み出すのよね。

季節ごとに旬の素材を使ったケーキが人気で、秋になると定番のモンブランも登場。マロンクリームは注文を受けてから搾る、というこだわりの一品だから、ぜひ食べてみて。

ケーキ類以外に、サンドウィッチやハンバーガーもあり、ランチもしっかりできるの。そして、今年の暮れには、待望のディナーを楽しめるフレンチレストランが併設されるかも!?  ますます「ル・ミリュウ 鎌倉山」から目が離せません。

■ル・ミリュウ 鎌倉山

ル・ミリュウ 鎌倉山

住所/神奈川県鎌倉市鎌倉山 3-2-31
営業時間/10:00〜18:00
定休日/不定休
席数/14席(店内)、14席(1階テラス)、20席(ルーフトップテラス)

URL/www.lemilieu-kamakurayama.com
予約・お問い合わせ/☎0467-50-0226
●料金/「ケーキセット」1100円、「サンドウィッチセット」1700円、「クロワッサンサンドセット」1600円、「クロックムッシュセット」1700円

●渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2017年7月7日に、自身のバー「Champagneon Bar LILI-LA-YULI」が10周年を迎える。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL