• TOP
  • GOURMET
  • 【実食動画】 “キレイなお姉さん”、木村季実子さんを虜にしたスパイスカレー

2019.03.07

【実食動画】 “キレイなお姉さん”、木村季実子さんを虜にしたスパイスカレー

ひとりの美女が実食する、ひと皿の美味カレー。第22回は、モデルとして活躍中の木村季実子さんと一緒に、表参道の人気カレーを食べに行ってきました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/鳥海美奈子 写真/トヨダリョウ 動画/大沢拓人

一美女、一皿。見目麗しい女性タレントと、珠玉のカレーが出会ったら、一体どんな化学反応が生まれるだろう!? 我ら男のハートと胃袋をつかんでやまない、愛すべきコラボレーションを週ごとにお届けします。美味しさ2倍のこの企画、ご期待ください!

【vol.22】 木村季実子さん × ハブモアカレー

「え、ココ!?」。お洒落な青山通り沿いに
突如現れる! 本格スパイスカレー店

透き通るような真っ白な肌で、“キレイなお姉さん”的魅力を放つ、木村季実子さん。
モデルとして活躍されているだけに、歩く姿もとても様になります。そんな彼女が今回訪れたのは、お友達に教えてもらって気になっていたという青山の「ハブモアカレー」。
PAGE 2
この店のメニューは、「本日のカレープレート」(1280円)のみ。カレープレートに載るのは、2種のカレーと2種のつけ合わせ、そしてターメリックライスとピクルスです。
手前は、2種のカレーのうちのひとつ、「バターナッツのダル」。
カレーはお決まりですが、つけ合わせは5種あるなかから、好みのものを選べます。この日、木村さんがチョイスしたのは「赤城しぐれのココナツグレービー」で、紫色の赤城しぐれ大根に、ココナツベースのカレーソースをからめた一品。そしてもうひとつは、ほんのりスパイスが香る「白菜のインド風ポタージュ」です。
実は東南アジアや南アジアでは、カレーという料理の定義が幅広いそう。そこからヒントを得て、この店のカレーは油分や辛みなどの刺激物を控えめにして、野菜などの素材自体がもつ味わいを生かしつつ、スパイスの香りを加えていく料理。それだけに、女性客が多いというのもナットクです。
PAGE 3
注文からまもなく、木村さんのテーブルにカレープレートが運ばれてきました。まずは2種の付け合わせから実食。「野菜の甘みや苦み、風味があって、そこにスパイスが香る感じで、とても美味しいです!」
 
インド風漬物のローズマリーやクローブとともに漬けた大根のピクルスも、芳香豊かです。
そして、いよいよカレーへ!「ルッコラとチキンキーマカレー」は、炒めたタマネギや野菜の出汁、トマトなどを使ったもの。パクチー代わりにのせたルッコラが、ほどよいアクセントに。
「とてもやさしい味わいです。カレーというより、スパイスの効いた野菜料理というか、新しい食べ物という感じです」
PAGE 4
そこに唐辛子を漬け込んだオイルをかけて、辛味を足していくと、味わいの変化を楽しめます。
そしてもうひとつのカレーが、「バターナッツのダル」。小さなレンズ豆のダルを煮込んだあと、バターナッツという東洋カボチャを加えて、最後に油で熱したマスターシード、ニンニクなどを入れた一品です。
「豆のカレーもとってもヘルシー。全体的に軽さがあるお料理なので、ご飯をたくさん食べても罪悪感がないですね」と、木村さん。実食終盤に、まさかのご飯お替りをご所望!
店主の同級生が栽培したというコシヒカリのご飯は、ターメリックやシナモン、ベイリーフを入れて炊き上げたもの。スレンダーな見た目とは裏腹に、終盤でも木村さんの食べるスピードが落ちることはありません。
そして、すべてをきれいに完食した木村さん。「1日350gの野菜を食べるのが美容と健康に良いと言われるけれど、なかなか難しいんですよね。こうやって煮込んだお野菜なら、無理なく摂れますね!」

取材終了後、「これからプライベートで焼肉を食べに行きます!」と、軽快な足取りで去っていった木村さん。見た目とのギャップに最後まで驚かされたのでした!
PAGE 5

CURRY SHOP DATA

■ ハブモアカレー

オープンは2015年10月。店主は新宿の「curry 草枕」で修業。ここのカレーもスパイスや野菜重視、小麦粉不使用、油が少なくヘルシーなことで知られる。独立する前、昼間だけの間借りで野菜が食べられる創作スパイス料理を提供したところ好評だったために、この料理で店をオープンすることを決意。

「キーマカレー」は定番で、もう1種のカレーは季節により変わる。付け合わせはつねに5種あり、1品150円で追加できる。全種盛りも可能。ターメリックライスは普通盛り200g、大盛り300g、小盛り150gから選べる。

住所/東京都港区北青山 3-12-7 カプリース青山 B1F
営業時間/11:30~20:30(L.O 20:00)
定休日/木曜

URL/https://havemorecurry.jp/

お問い合わせ/☎03-3407-7001

PROFILE

■ 木村季実子

きむら・きみこ 1990年5月28日、東京都生まれ。イタリア・フィレンツェのジュエリー学校に留学後、台湾の広告のスタッフにスカウトされて広告出演。カネボウ「コフレドール19春 ブルベ&イエベ」などの美容系やユナイテッドアローズ、オンワード樫山などのアパレルを中心にモデル活動を行なっている。

好きな男性のタイプは、「気遣いができて誰にでもやさしくて、おしゃべりなヒト。いろいろなレストランを、一緒に食べ歩きしたいです」。

Instagram

木村季実子さんのカレー実食・ロングバージョンはコチラ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL