FEATURE 美人について[2]

美人。この表面的ながらもどこか捉えどころのない抽象表現を、なるだけ言語化してみようと試みた、特集「美人について」。個人の主観、時代の要請、異論反論を織り交ぜながら、それでも美人について語ってしまうのは男の性か、それとも大いなる探究心か。今回も多角的に「美人について」考えます。