• TOP
  • FASHION
  • 【注目】お洒落な大人は、み〜んなこの色でした。実例3パターンで解説!

2019.11.06

【注目】お洒落な大人は、み〜んなこの色でした。実例3パターンで解説!

ブラック、ネイビー、グレーといった定番色ばかり着ていると、ファッションの面白味や新鮮味が薄れていくもの。そんなときブラウンに挑戦してみると、新しいスタイルに開眼するかも。それに、ファッション業界人やウェルドレッサーにも、ブラウン使いが上手な人が多いんです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/池田保行(04)

ブラウンになると、いつものスタイルが新鮮に!

大人の定番色といえばブラック、ネイビー、グレーあたりがすぐ挙がります。こういった色はビジネスカラーとかベーシックカラーとか呼ばれて、ドレスにもカジュアルにも汎用性が高く、どう組み合わせても似合いますので使いやすさは抜群です。

でも当たり前の色過ぎて、面白味に欠けたり、新鮮味がなかったりするのもまた事実。そこで大人顔をキープしたままお洒落かつリッチにキマるカラーをご紹介しましょう。それがブラウンカラーなんです。じつはウェルドレッサーのなかでも、とくにお洒落と言われる人にブラウン使いが上手な人、結構多いんです。

ブラウンは大人びて見える色です。大人の包容力や温かみを感じさせる色ですし、優しそうに見えることから女子からのウケも上々です。秋冬の季節色としても似合うのですが、同時に老練して見える色でもあるので、ときに難度が高そうにも思われがちです。ゆえにちょっとした工夫が必要。

ブラウンをモダンで都会的に着るためのコツとしては色合わせにご注意ください。「アズーロ・エ・マローネ(紺と茶)」というイタリア男の定番配色もありますが、それは白く透けるような肌と金髪、ブルーアイだからこそといわれることもあるように、黒髪&黒目の日本人にはブラウン&ブラック、またはブラウン&ホワイトが似合いますよ。

スーツを着流すようなきれいめスタイルから、アクティブなスポーツカジュアルまで、ブラウンに変えるだけでぐっと新鮮で旬顔に。そのあたりを具体的なコーディネートで解説しましょう。
PAGE 2

● Coordinate 01 

着流しスーツも茶色なら自然体でこなせます

スーツ8万8000円/ゼロノーヴェゼロノーヴェ(エリオポールメンズ銀座)、ニット2万6000円/ビームス F、靴9万5000円/エンツォ ボナフェ(すべてビームス 六本木ヒルズ)、ネッカチーフ9000円/アーディ&シー 1956 ミラノ(インターブリッジ)
ネイビーやグレーといったビジネスカラーのスーツに、カットソーやニットを合わせると、どうしても「ハズし」とか「着くずし」感が否めないもの。でもここでブラウンスーツなら、ぐっとカジュアル感が高まって、むしろ最初からクルーネックで着ることを前提にしているかのように自然なスタイリングが可能です。たとえばこちらのようにインを白ニットにしたら、衿元にスカーフやネッカチーフを巻くのも大人っぽいテク。3パッチポケット式のジャケットもまた、スポーティな印象を高めるポイントです。スーツ選びのご参考に。
PAGE 3

● Coordinate 02 

テーラードコートをブルゾン感覚で羽織る

コート19万5000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、パーカ1万4000円/ノース・バイ・ノースイースト(ノース・バイ・ノースイースト)、パンツ2万9000円/ブリリア 1949(トヨダトレーディング プレスルーム)、サングラス1万8000円/エーディーエスアール(シック)、靴2万3000円/東京デザインスタジオ ニューバランス(ニューバランス ジャパン お客様相談室)
チェスターフィールドなどテーラードタイプのコートは、本来フォーマルやビジネスに着るためのもの。ゆえに黒を選ぶ方が多いと思いますが、これがブラウンになるとエレガントでラグスポなイメージが高くなり、カジュアルな着方が似合うようになります。こちらのコートの素材はキャメルヘア。長めの毛足がラグジュアリーなタイプです。インにスウェットパーカを着て、足元が白スニなら、なおのこと。ブルゾン感覚でテーラードコートを羽織るなんて、贅沢な着くずし方ですよね。
PAGE 4

● Coordinate 03 

黒でシメつつ艶っぽいブラウンを選ぶ

ブルゾン4万9000円/コービーズ(グリニッジ ショールーム)、ニット3万1000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、パンツ2万5000円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ)、サングラス4万6000円/モスコット(モスコット トウキョウ)、ベルト1万3000円/リウル(インターナショナルギャラリー ビームス)、靴2万9000円/フェランテ ヴィアッジョ(エスディーアイ)
スイングトップなどスポーツカジュアル系のトップスがブラウンカラーになると、ぐっと大人っぽく落ち着いた雰囲気です。そのまま着てしまうと、おじいちゃんぽくなってしまうこともあるのですが、白と黒だけでコーディネートすれば大丈夫。こちらのコーデのように、ボトムズを黒で引き締めれば、ブラウンもモダンな着こなせますよ。こちらのブラウンスイングトップはコーデュロイが使われていて、光沢感があるのが特徴です。ちょっと艶のある素材感のブラウンのほうが初心者には着やすいかもしれませんね。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

インターブリッジ 03-5776-5810
インターナショナルギャラリー ビームス 03-3470-3948
エスディーアイ 03-6721-1070
エフイーエヌ 03-3498-1642
エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455
シック 03-5464-9321
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
ニューバランス ジャパン お客様相談室 0120-85-0997
ノース・バイ・ノースイースト 03-5774-1662
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL