• TOP
  • FASHION
  • 【新作】吉田カバン・ポーターのミニで便利なバッグ3選

2019.10.10

【新作】吉田カバン・ポーターのミニで便利なバッグ3選

休日のお出かけに欠かせないミニバッグですが、子供っぽく見えないよう選びには注意が必要。ならば、本命は大人っぽいシンプルデザインとシックなカラーリングが魅力的な「ポーター」の新作です!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/押条良太(押条事務所)

デザインもカラーも機能性も、すべてが大人仕様です

休日のちょっとしたお出かけには断然、ミニバッグが便利。選択肢は星の数ほどありますが、大人が使うにふさわしいデザインとなると……自ずと数は絞られます。中でも「ポーター」が今秋リリースしたポーター フラットは打ってつけの逸材。

80年代にミュージアムで販売されていたバッグをモチーフにしたバッグは、子供っぽさ皆無なシンプルデザインとシックなカラーリングが特徴です。それでいてエアバッグなどに使われる210デニールの66ナイロンオックスのおかげでタフさも◎。そう、大人のミニバッグの理想形がここにあるのです。

トート⇔ショルダー、2通りの持ち方が可能な万能品

2WAYショルダーバッグ[W35×H36×D50㎝]1万6000円/ポーター(吉田)
ちょっとした羽織りものやタブレットも持ち運べるバッグは、ハンドルを使えばトートとして、ショルダーストラップを使えば斜め掛けもできる2WAY仕様。フロントには小物の収納に便利なジップポケットが装備されています。

天ジップがダブルジップになっていたり、ディテールにも配慮が行き届いています。写真集や本がきれいに持てるスクエアなフォルムも特徴的です。
PAGE 2

合わせるこなしを選ばないシンプル顔サコッシュ

ショルダーバッグ[W30×H20×D35㎝]1万4000円/ポーター(吉田)
こちらは長財布や文庫本もすっきり収納できるサコッシュサイズのショルダーバッグ。控えめに「TOKYO PORTERE JAPAN MADE」とプリントがデザインされたフロントには、メインコンパートメントとは別にジップポケットが設けられています。

ちなみにポーター フラットのバッグには、ボディに使われた66ナイロンオックスの表面にも裏面にもアクリルコーティングが施されているため、少々の雨をものともしません。
PAGE 3

技ありディテールがてんこ盛りな大人のミニショルダー

ショルダーバッグ[W319×H24×D35㎝]1万2000円/ポーター(吉田)
トレンドのネックポーチのようにも使える、タテ型のショルダーバッグもラインナップ。フロントには小物の収納に便利なミニポケットも装備。ちなみにポーター フラットはジップも技あり。

黒マットなジップタブはデザインにモダンなアクセントをきかせるだけでなく、左右どちらからでも開閉できるダブルジップ仕様にすることで、スムーズな荷物の出し入れを実現しています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

吉田 03-3862-1021

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL