• TOP
  • FASHION
  • 便利でお洒落なモノを探していたら、「スノーピーク」にたくさんあった件

2019.04.16

便利でお洒落なモノを探していたら、「スノーピーク」にたくさんあった件

今やスーツも機能性が求められる時代。カジュアルにおいて、アウトドアブランドが人気を博すのは、当然でしょう。スノーピークなら、おまけにお洒落というんですから、昨今の大躍進も納得至極です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

便利でお洒落なアイテム、全シーンで揃えてます

もはやアウトドアブランドという枠を超えて、アパレルブランドとしても広く認知され人気を集めているスノーピーク。

そのアウトドア由来のハイパフォーマンスをスタイリッシュなデザインへと落とし込む巧みさは、ジェンダーもジェネレーションも超えて支持されています。まぁ、平たく言えばお洒落で機能的な服が欲しいなら、スノーピークで探せば手っ取り早いってことです。

今シーズンもよく出来た秀作が揃い踏みですが、今回はその中でも特に便利かつお洒落を高次元で両立したアイテムをピックアップ。ビジネスで、休日のお出かけで、春旅で、日常でと、様々なシーンで活躍してくれるアイテムが揃ってますよ。
PAGE 2

1)サコッシュ付きコート 

トラッドなコートが、今どきなウェアラブルに

4万2000円/スノーピーク
DWR耐久撥水加工により、梅雨の激しい雨もへっちゃらなコート。定番のトレンチスタイルとあってオンオフともにオススメですが、カジュアルではユニークな楽しみ方が可能です。それがフロントのポケット。ピドロップというマグネットによる着脱式になっており、取り外して単体でも使えるんです。
ショルダーストラップが付属しており、装着すればサコッシュとして単体で使えます。コート本体と同じ軽量な生地は、シワがつきにくいという特徴も。
PAGE 3

2)バックパックになるウエストバッグ 

収納する物が増えたら、瞬時にリュックへ変身

6500円/スノーピーク
一見すると、シンプルなウエストバッグ。でも、このアクティブ・メッシュ・2ウェイバッグは、その名の通りメッシュのリュックとしても使えます。ジップの上段を開けると、中からメッシュ生地の本体とショルダーストラップが登場。ウエストバッグのストラップは、そのまま使用できます。
メッシュ生地を採用したリュックスタイル。さらに開口部を巾着にするなど、今シーズンのトレンドともマッチしたデザインになっています。
PAGE 4

3)パッカブルになるパーカ 

ハイパフォーマンスだからこそ、時を選ばず使いたい

3万6000円/スノーピーク
ナイロン100%をリップストップ織りにし、防水透湿と結露が起きにくいラミネート加工を。メンブレンを使用しないことで、さらにストレッチ性までも備えます。そのソフトな着心地は、アウトドアではもちろんアーバンでも活躍。薄手で軽く、おまけにポケッタブルなので梅雨時期のレインウェアにもオススメです。
ポケットにパッキングした状態がこちら。W25×H15×D7cmのサイズ感は、おおよそ両手のひらと同じぐらい。止水ジップなどハイパフォーマンスながら、コンパクトに携行できます。
PAGE 5

4)多ポケットパーカ 

手ぶら派にうれしい、大容量の着るバッグ

5万8000円/スノーピーク
こちらのインディゴC/Nパーカは、その名の通りインディゴ染めを採用したナチュラルな色みが魅力。それでいて、ビッグサイズのマチ付きポケットが前後にレイアウトされており、抜群の収納力を誇ります。こんな1着があれば、もはやバッグなど不要。春の手ぶらお出かけで、活躍間違いなしです。

5)燃えにくい素材のカバーオール 

キャンプ熱が高まると同時に、オトコ心も加熱します

3万8000円/スノーピーク
待ちに待ったキャンプシーズン到来。このタキビ カバーオールで、さらにテンション上げましょう。難燃性に優れたアラミド繊維の中でも、消防服に用いられるほど特に耐熱性に強いメタ系アラミド繊維を採用。大型ポケットやハンマーフックといったディテールも然り、キャンプシーンで重宝するスペックが満載です。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

スノーピーク 0120-010-660

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL