2018.07.17

遅く起きた朝と、水出しアイスコーヒー

2度寝してしまった虚ろな朝に、1杯のアイスコーヒー。まだ夢うつつな頭をキンッ!と冷えたアイスコーヒーが冷ましていくあの感覚は、コーヒー好きならではですよね。今日は自宅でおいしく味わえるコーヒー「コールドブリュー」のススメです。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/市村広平(LEON)

はじめに、私は決してコーヒー通ではありません。コンビニのコーヒーでもおいしくいただけるアマチュアではありますが、毎朝飲むコーヒーをわざわざ買いにいくのが面倒で、手を出してみたのが「コールドブリュー」、すなわち水出しアイスコーヒーです。

一般的なドリップコーヒーが90度前後の熱湯で抽出するのに対し、水出しはその名のとおり、冷えた水でゆっくりと抽出するため、抽出に最大16時間もかかります。コーヒーを淹れるのも面倒な私がそれでも毎朝飲めるのは、普通のコーヒーと違い、ただ冷蔵庫に入れておけば勝手にアイスコーヒーができるから。
それがこちらの水出しアイスコーヒー専用のポッド。作り方はいたってシンプルです。挽いた豆を中に入れてそのまま一晩冷蔵庫へ。それだけで雑味のないおいしいアイスコーヒーが出来上がります。

朝が原稿書きのゴールデンタイムである私にとって、キンキンに冷えたアイスコーヒーは欠かすこのできないベストパートナーゆえ、素人でも簡単につくれる水出しアイスコーヒーは性に合っているのかもしれません。

NEXT PAGE2/ 3

 

で、肝心の味はというと、水出しアイスコーヒーは熱を加えない分酸味やエグ味が少なく、すっきりとした後味が特徴です。とはいえ、氷で薄まったようなびしゃびしゃ感はなく、コクがある。おまけに最初から冷えているから氷を入れる必要がなく、最後のひと口まで薄まらないのも、水出しアイスコーヒーならではの魅力でしょうね。

そんな、見た目も味も夏に最適な水出しアイスコーヒー入門にオススメなのが、ニュージーランドからやってきた「モジョコーヒー」です。妥協のないハイクオリティな豆を使ったブティックカフェは、本土のニュージーランドを飛び出して日本でも少しずつ火がついているそうな。で、私が使っている自宅用ポッドも「モジョコーヒー」。

NEXT PAGE3/ 3

 

自慢の豆は、水出しアイスコーヒーに相性の良い良質なものが揃っています。

「ハワイ」
バニラとオレンジの香りに、キャラメルとシトラスのフレーバーが複雑に溶け合います

「エチオピア」
モカの特徴であるフルーティ感をさらに強調

「ケニア」
トロピカルフルーツとりんごのフレーバーがさわやかな味わい

明日から24日(火)まで、伊勢丹新宿店で「モジョコーヒー」のポップアップショップがあるので、夏のコールドブリューをお買い物の合間に味わってみてはいかがでしょうか。自宅でつくる水出し用ポッドもこちらで特別に購入できるそうですよ。

さて、コーヒーがぬるくならないうちにもうひと原稿、と。

■ モジョコーヒー pop-up shop

場所:伊勢丹新宿店本館地下1F プラドエピスリー
期間:7月18(水)〜7月24日(火)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事