2018.05.17

今年は“ペタペタしない”にもう一手

日に日に暑さを増してくるこの季節。モテるオヤジさんとて休日にはサンダルを履く機会もあることでしょう。そこで大人が選ぶべきは、小僧みたいに“ペタペタしない”サンダル。ということで今日は、今季見つけたお洒落な“ペタペタしない”サンダルを2足ご紹介しましょう。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/市村広平(LEON)

「5LAKES&MT」のトレイルサンダル 9200円
富士五湖に広がる大自然をブランドの世界観とし、シンプルで豊かなアウトドアライフを発信する「5LAKES&MT」。そこで見つけたのは、走るためのサンダルです。

グリップに優れたVibramソールと指への接触やホールド性にこだわったストラップによって、なんとトレッキングだって余裕なのだそう。にわかには信じられませんが、足場の悪い山道をひょいひょい登っていくムービーが衝撃的でした。また、つま先から着地するよう設計されたデザインなので、スニーカー慣れした現代人を人間本来の正しい歩き方へと導き、O脚や上半身の姿勢も矯正されるという、シンプルな顔して結構ヤリ手なサンダルです。
「ニールバレット」のサンダル 1万2000円
「ニールバレット」のサンダル 1万2000円
こちらは、ニールバレットのアイコンである“サンダーボルト”をソールにデザインしたファッション性の高さが魅力。ホールド力の高いサンダルは、底面にもサンダーボルトを彫ってあるので砂浜での足跡もサンダー!、脱いでもサンダー!というやんちゃな遊び心を装備した新作です。リッチな水辺遊びにオススメですよ。

NEXT PAGE2/ 2

 

おまけ♪
LEONでよ〜くお世話になっているファンキー&クレイジーフォトグラファーこと、菊地 哲さんの写真展が5/20(月)まで開催中です。タイトルは「そこにいたらダメな人」。タイトルからして興味津々な私は当然お邪魔してきたのですが、菊地さんから見た“夢や希望を無くした現代人”をテーマにしたこの写真展は、やっぱり相当にファンキー&クレイジーです(笑)。

5月24日発売のLEON7月号のアイウエア特集でもLEONの世界観を格好良く描いてくれているので、彼の世界観を味わってからLEONを見ていただくと、また違った目線で楽しめますので、ぜひ!

■ 菊地 晢 写真展「そこにいたらダメな人」

日程/
5月18日〜19日 11:00〜20:00
5月20日 11:00〜18:00

会場/PLAY倉庫
東京都港区南麻布4-15-19
http://www.play-bus.com/service.html

アクセス/東京メトロ白金高輪駅より徒歩7分
明治通り沿い恵比寿方面側の首都高下で、光林寺バス停前になります。
※高速下の住所が全て南麻布4-15-9となっておりますのでご注意下さい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事