• TOP
  • CARS
  • 名車MINI 「JCW」をファッショナブルに乗る3つの方法

2020.10.30

SPONSORED

John Cooper Worksの軌跡 VOL.2

名車MINI 「JCW」をファッショナブルに乗る3つの方法

MINIの中でも走りのパフォーマンスを突き詰めたモデル「John Cooper Works」。その魅力のひとつが高性能なのに、スタイリッシュなところ。シリーズ第二回ではLEON/LEON.JP編集長・石井洋とスタイリスト・吉野誠氏が、そんな「JCW」をモテるファッション視点で徹底解説しちゃいます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

動画・写真/CULTURE INC スタイリング/吉野誠 ヘアメイク/勝間亮平 文/平井敦貴 取材協力/東京 芝 とうふ屋うかい ADRIFT

オシャレさとラグジュアリーさが同居するのが大人のクルマ

LEON編集長・石井洋(以下、石井)「LEONにとってのクルマは、艶のあるライフスタイルを謳歌するための大事なアイテムです。つまり、そのクルマが持っているモノとしての魅力はもちろんですが、ファッションとしての視点、これがすごく重要なんですね。

その点でいうと、そもそもMINIはすごくファッションコンシャスなイメージがあるクルマです。中でも『John Cooper Works』 ── これはMINIの中でも走りがすごくいいモデルですが、いわゆる“走り屋感”はなくて、ファッショナブルな存在感とラグジュアリーさの両方を備えている。まさに我々LEONの考える『艶のある大人のクルマ』という感じがします。特にイメージカラーになっている赤。これも僕はすごく好きで、非常に色気を感じますね」


もともとMINIはその特徴的なフォルムからお洒落感度の高いクルマ。そこにJCWという「走りの性能」と「ラグジュアリー感」が加わることで、まさに大人のための“モテる” クルマに仕上がっていると編集長・石井は述べます。
PAGE 2

Chapter 1 CITY THE MINI JOHN COOPER WORKS

カジュアルリッチな街スタイルは、軽やかな3 Doorで

コンパクトサイズの取り回しの良さは都会でも威力を発揮。路地裏でもスムーズにアプローチできるんです。
石井「リッチさと走り、上質さを併せ持ったJCWの3 DoorのThe MINI JCWは、街中ですごく存在感がありますよね。ちなみに我々LEONが提案しているシティカジュアル、これも『リッチさと遊び心』がキモになっています。そういう意味でもJCWの3 DoorのThe MINI JCWはぴったりとハマっています。特にこのコンパクトなのに刺激的なフォルム。遊び心のある大人のリッチなカジュアルにバッチリ似合うと思います」

街中を小気味よく走るなら3 Doorの「The MINI JCW」が最適。コンパクトボディながらもパッと目を引くデザインは、見る人、乗る人の心をくすぐります。買い物に、食事に、いつもの日常をちょっとリッチに彩ってくれるのもJCWならではです

THE MINI JOHN COOPER  WORKS

【Car Specs】
全長×全幅×全高:3875×1725×1430㎜
エンジン:2.0リッター 直列4気筒DOHC
最高出力:231ps 最大トルク:320N・m
価格:470万円(税込)~

コンパクトなサイズにスポーティな走りの性能を詰め込んだJCW。伝統のMINIを感じさせるボディのデザインを持つのが、3 DoorのThe MINI JCW。街に映える、ルーフとサイドミラーの「赤」。ジェントルでありながらデザインアクセントとなる配色は、大人の色気を醸し出します。
PAGE 3

「THE MINI JCW」に合わせるなら…

ドレスダウンしたセットアップでお茶目を演出

女性●コート9万8000円、ブラウス4万6000円、スカート14万7000円/すべてヴィンス(Vince 表参道店)、サングラス3万5000円/イエローズ プラス(デコラ)、バッグ3万7000円/ペッレ モルビダ(ペッレ モルビダ 銀座)、その他はスタイリスト私物
スタイリスト吉野誠(以下、吉野)「JCWのイメージはすごく速いのにスタイリッシュ。3 DoorのThe MINI JCWにはお茶目さも感じます。きっとどんなスタイルにも似合うと思うんですが、LEON的に紐解くなら、セットアップをドレスダウンしたくなります。

例えばインナーにはパーカを合わせてやんちゃでお茶目な感じを出したり。ただそのままだと少しリッチさが足りないので、腕時計はラグジュアリーでスポーティな一本を着けたいですね。足元もレザースニーカーでさりげなく大人の香りをさせると、JCWの持っている大人でお茶目なイメージにぴったり合うと思います」

The MINI JCWの街中スタイルとして吉野氏がコーディネイトするのはベージュのセットアップ。インナーにグレーのパーカを合わせることでやんちゃさとお茶目さを引き出します。また、パンツはゆったり目なシルエットでリラックスモードをプラス。腕元にはスポーティなゼニスのデファイを添えてラグスポ感を演出し、大人スタイルの完成です。
男性●ジャケット4万2000円、パンツ2万2000円/ともにエストネーション、パーカ3万2000円/ザ・ジジ(アマン)、靴5万9000円/フィリップモデル(トヨダトレーディング プレスルーム)、サングラス2万9000円/イエローズ プラス(デコラ)
▲ 「デファイ エル・プリメロ 21」自動巻き、セラミックケース(44mm)、レザーストラップ。10気圧防水。142万円/ゼニス
PAGE 4

Chapter 2 JOURNEY. THE NEW MINI JOHN COOPER WORKS CROSSOVER

大人の旅をアクティブ&快適にするCROSSOVER

モード切り替えでロングドライブでも快適な乗り心地。アクティブな大人にこそぴったりなのが、このCrossoverモデルです。
石井 「旅スタイルに大事なのは気分を上げるためにちょっとおめかしをすること、そしてコンフォートさだと思います。そういう意味で、9月末にローンチしたばかりのThe New MINI JCW Crossoverは、MINIの伝統を踏まえながらSUVらしいスタイルにも昇華させていて、見た瞬間から『どこかへ行きたくなる』、つまり気持ちを上げてくれるんですよね。

しかもエンジンスペックが306馬力、450N・m。もうそれはスポーツカー並み。しかもオール4システムという四輪駆動で、クルマとして欲しいものはすべて持ってる、そう言っても過言じゃないかなって思います。

さらに、グリーンモードにするとゆったりコンフォートにも乗れちゃう。やる気モードと快適モードを切り替えながらロングドライブなんて最高ですよね」


都心から離れた宿に彼女と二人で向かったり、ゴルフやアウトドアでアクティブに過ごしたり、ロングドライブを快適に過ごすならエンジンパワーは必須。さらに四輪駆動のSUVならどんな場所でも軽々走破してくれますし、高速道路のロングドライブも快適です。まさに、そんな旅の相棒となるのがこの「The New MINI JCW Crossover」なんです。

THE NEW MINI JOHN COOPER WORKS CROSSOVER

【Car Specs】
全長×全幅×全高:4315×1820×1595㎜
エンジン:2.0リッター 直列4気筒DOHC
最高出力:306ps 最大トルク:450N・m
価格:609万円(税込)~

The New MINI JCW Crossoverは、顔つきがさらに精悍に。ブラックトリム部分も増えて、全体にクールな印象になったこともトピック。何より、クラブマン同様のJCWシリーズの中でも最高峰のエンジンスペックを誇り、SUVでありながら、走りを楽しめることが最大の魅力です。
PAGE 5

「THE NEW MINI JCW CROSSOVER」に合わせるなら…

上質素材のレザーブルゾンでしなやかな大人スタイルに

女性●ジャケット27万2000円/ジェントリー ポルトフィーノ、ニット19万円/コロンボ、パンツ6万5000円/ペセリコ(すべてウールン商会)、サングラス2万9000円/イエローズ プラス(デコラ)、ボストンバッグ7万4000円/ペッレ モルビダ(ペッレ モルビダ 銀座)、ゴルフバッグ4万3000円/ブリーフィング(ブリーフィング 表参道ヒルズ店)、その他はスタイリスト私物
吉野 「SUVなのに走りも楽しめるクルマだから、旅にはぴったりですよね。着こなしもそんなCrossoverの多面的な魅力を表現するのがいいかなと。なので、レザーブルゾンがぴったりかなと思います。本来はちょっと無骨なアイテムなんですけど、柔らかな革の一着なら大人のコンフォートスタイルになると思います。

ボトムスには仕立てのいいイージー仕様のスラックスを合わせて、時計は上品な一本を選ぶといいでしょう。あと、ブランケットにもなる大判のストールがあれば、いろいろなシーンで役に立ちますよ(笑)」


The New MINI JCW Crossoverとともに旅のスタイルとして吉野氏がセレクトしたのはブラウンのレザーブルゾン。しなやかで仕立ての良い一着なら、落ち着いた旅の雰囲気にもマッチします。パンツもイージー素材でリラックスな気分を演出。赤い大判ストールはコーディネイトのアクセントにも。時計はクラシックさとスポーティさが同居する、ゼニスのエルプリメロ、レザーブルゾンと組み合わせることで大人のラグジュアリー感をプラスします。
男性●ブルゾン24万4000円/L.B.M.1911(エルビーエム1911)、ニット2万5000円/フィリッポ デ フローレンティス(ともにトヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ2万5000円/ヴィガノ(八木通商)、ストール4万円/ノラ(エイチジェイエム)、靴10万2000円/サントーニ(リエート)、サングラス5万4000円/マイキータ(デコラ)、ボストンバッグ9万円/ペッレ モルビダ (ペッレ モルビダ 銀座)、ゴルフバッグ5万4000円/ブリーフィング(ブリーフィング 表参道ヒルズ店)
▲ 「クロノマスター エル・プリメロ オープン」SS×18Kローズゴールドケース(42mm)、レザーストラップ。10気圧防水。111万円/ゼニス
PAGE 6

Chapter 3 DRESS. THE MINI JOHN COOPER WORKS CONVERTIBLE

“キメ”のパーティには、CONVERTIBLEで乗りつけて

石井「LEONの標榜しているカッコいい大人はTPOに合わせたメリハリをつけられる人、そういう意味で使っています。なので、ドレスアップするときは臆せずタキシードを着る、それがカッコいいと思うんですね。

そんなときに選ぶJCWはConvertibleが最適だと思います。彼女と二人で目一杯めかしこんで、オープンカーでパーティー会場に乗りつける。これは最高に艶っぽいスタイルになるんじゃないかなと思います。まさに艶のあるライフスタイルそのものですよね。

JCWには、例えばロゴのプロジェクションだったり、インパネの色の変化だったり、そういった夜に映える演出がたくさんあるんです。これは最高に艶っぽい一台だと思いますね」


ドレスアップしたパーティーに乗りつけるなら、それ相応のクルマが必須。「The New MINI JCW Convertible」なら、そんな“キメ”のシーンにも対応します。もちろん「The MINI JCW」と同じサイズだから後部座席もしっかりキープ。実用性もオープンスタイルも両方欲しい方にはまさにベストチョイスとなるでしょう。
クラシックとモダンが同居するMINI JCWのなかでもConvertibleは最高に艶っぽい一台なんです

THE MINI JOHN COOPER WORKS CONVERTIBLE

【Car Specs】
全長×全幅×全高:3875×1725×1415㎜
エンジン:2.0リッター 直列4気筒DOHC
最高出力:231ps 最大トルク:320N・m
価格:542万円(税込)~

「MINIエキサイトメント・パッケージ」で気分を盛り上げるギミックも満載。彼女とパーティー気分を楽しむのにもうってつけです。
PAGE 7

「THE MINI JCW CONVERTIBLE」に合わせるなら…

タキシードで遊ぶ、リッチなオールブラックスタイル

女性●コート7万9000円/クチュール・ド・アダム(ホワイトオフィス)、ワンピース6万3000円/ヴィンス(Vince 表参道店)、バッグ2万9000円/ペッレ モルビダ(ペッレ モルビダ 銀座)、その他はスタイリスト私物
吉野「LEONで最高のキメといえばタキシードですけど、正統なこなしを知った上で遊び心を入れる、それがとても重要だと思います。The New MINI JCW Convertibleは、そういう意味でキメの一台にぴったりな気がします。

着こなしのポイントは、タキシード自体は遊び心のある一着を選びつつ、ボウタイ、カマーバンド、パテントのシューズ、そこは正統なアイテムで揃え、さらに時計も薄マチでエレガントな一本を選ぶと良いでしょう。

クラシックをわかっている大人が遊び心を感じさせるからこそモテる。そういう意味でタキシードとThe New MINI JCW Convertible、このコンビは最強かもしれないですね」


ドレススタイルとして吉野氏がコーディネイトしたのはタキシード。ブラックのシャツとボウタイでシックに抑えつつ、ラペルのピンバッジでアクセントをプラス。“キメ”のシーンでは、正統な着こなしをベースに、遊びをちょい足しするのが正攻法です。時計はヴァシュロン・コンスタンタンのパトリモニー・オートマティック。ドレススタイルにはエレガントな三針時計であくまで上品にこなすのが吉。
男性●タキシード15万円/タリアトーレ(トレメッツォ)、シャツ3万7000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール)、その他はスタイリスト私物
▲ 「パトリモニー・オートマティック」自動巻き、18KWGケース(40mm)、アリゲーターストラップ。292万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
いつの時代も、人は“ギャップ”に惹かれるもの。John Cooper Worksは、まさにそんな“ギャップ”を楽しませてくれる一台。ぜひ次の“モテ”グルマとしていかがでしょう?

John Cooper Worksの軌跡 VOL.1 実孫が語る、ミニ・クーパーの伝説とは?

■ お問い合わせ

MINI カスタマー・インタラクション・センター 0120-3298-14

●車種について詳しくはこちら
●試乗のご依頼についてはこちら
●ローン・シミュレーターはこちら

■ お問い合わせ

アマン 03-6805-0527
ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
Vince 表参道店 03-6804-1224
ウールン商会 03-5771-3513
エイチジェイエム 03-6334-0885
エストネーション 0120-503-971
ゼニス 03-3575-5861
デコラ 03-3211-3201
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
バインド ピーアール 03-6416-0441
ブリーフィング 表参道ヒルズ店 03-6459-2448
ホワイトオフィス 03-5545-5164
ペッレ モルビダ 銀座 03-5524-2808
八木通商 03-6809-2183
リエート 03-5413-5333

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        名車MINI 「JCW」をファッショナブルに乗る3つの方法 | 自動車 | LEON レオン オフィシャルWebサイト