2017.11.13

国民的美少女コンテストが考える、これからの「美人の基準」

現代を代表する女優を多数輩出するオスカープロモーション主催の「全日本国民的美少女コンテスト」。事務所の取締役副社長に「美人の作り方」をお聞きしました。

文/松永尚久
写真/坂本利幸(コンテスト)
写真協力/オスカープロモーション
上戸彩
米倉涼子、上戸彩、武井咲など、現代を代表する数多くの「美人」を発掘しているオーディション、全日本国民的美少女コンテスト。実はその大きな目的のひとつが「日本の美」の継承にあるのだとか。コンテストを主催する芸能事務所、オスカープロモーションの取締役副社長・鈴木誠司氏に、これまで30年にわたるコンテストを振り返っていただきながら、時代を代表する美人の見つけ方、育て方についてお話を伺いました。

“選ばれた人”だけが芸能界で活躍していくべきだ、という発信を

──まず全日本国民的美少女コンテストは、どういう経緯で始まったのでしょうか?

「1980年代中盤以降は、“隣のお姉さん”的な印象の人がTVなどのメディアで注目されていた時代で、“端正な正統派美人”の存在が世の中でそんなに求められていないという風潮があった時代でした。ですが、当時我々が“美少女”として売り出した後藤久美子が、大河ドラマの出演をきっかけに注目を集め、あれよあれよという間にスターになっていく姿を目の当たりにしました。そこで“一億総タレント”ではなく、やはり“選ばれた人”だけが芸能界で活躍していくべきだ、ということを発信していかなくてはいけない。『日本の美』を継承しなくてはという思いが生まれまして、後藤をイメージキャラクターとしてコンテストが87年からスタートしました」
今年行われた第15回国民的美少女コンテストの様子
今年行われた第15回国民的美少女コンテストの様子
──第1回目のグランプリ獲得者である藤谷美紀さんを筆頭に、この30年間多くの美少女を発掘し、その後「美人」へと成長させている印象があります。グランプリでは、将来も見抜いて、選出されるのでしょうか?

「このコンテストは、『日本の美』を継承できる存在を探す目的であるので、それができる存在を選んでいますね。時代によって“可愛さ”や“個性”が求められることもあるのですが、そういった人には別の賞を与えて、グランプリの方向性は伝統的な日本美人と呼ばれるような雰囲気のある人を選んでいます」
──将来の「美人」を、どういう観点で見抜かれているんでしょう? 一瞬でここを見たらわかる、というポイントはあるのでしょうか?

「それはありませんね(笑)。コンテストでは、書類選考から面説、そして最終選考とさまざまな過程があって、その間にはレッスンもやっていただきますので。我々は、それらをすべてチェックして、多様な角度から彼女たちの伸びしろや将来性を判断していきます。最終選考だけ見て、インスピレーションで決めてしまうのは、かなりリスクが高いですから」

米倉涼子は仕事のなかで徐々に「美人」になっていった

──また、米倉涼子さんを筆頭に、上戸彩さん、武井咲さん、剛力彩芽さんなど、グランプリを獲得できなかった方も、現在第一線で活躍している印象が強いですね。

「最終オーディションでは、演技、歌、ダンスなどさまざまなものをやっていただくんですけど、グランプリを獲得した方は、当日最も優秀なパフォーマンスをしていただけでして。我々は最終選考に残った方、すべてが同じスタートラインに立っているという感覚でいて、彼女たちにも同じことを話しています。だからグランプリを獲得した、しないで将来が変わっていくということはないですね」

──なかでも米倉さんは、今や「日本で一番ドラマの視聴率が取れる女優」と呼ばれるほどの活躍をされていますが、コンテストに参加された92年当時から可能性を感じていらっしゃったのですか?

「当時から、あっけらかんとした性格ではありましたが、私にとっては『美人』からはかけ離れた印象でした。ですが、お酒ブランドのイメージキャラクターや、女性ファッション誌の専属モデルなどを経験していくうちに、彼女の中で意識が変化していったんでしょうね。徐々に美しくなっていったと思います」

──さまざまな経験を積んで、生まれた「美しさ」なんですね。それを生み出すために、鈴木さんをはじめオスカープロモーションのみなさんは彼女に何かアドバイスはされたのでしょうか?

「我々は、仕事ができる環境を与えることはできますが、そこからどう次へつなげていくか? 美しさに磨きをかけていくのか? というのは、本人の努力でしかないですね。モデルは、持って生まれた素材(綺麗さ)で勝負できることが多いと思いますが、芸能界というのはそこにプラス何か才能がなければ、生き抜くことができない厳しさがあります。また才能は、努力の中で生まれるものだと思うし、そこから『美』が生まれるものだとも思う。彼女は、努力を重ねた結果『美』を手に入れたのではないのでしょうか」

社長が12歳の上戸彩を見て「日本の芸能界を変える子だ」と予言

上戸彩さん
上戸彩さん
──米倉さん以外で、印象に残っている出場者の方はいらっしゃいますか?

「上戸彩ですね。コンテストに参加した当時は12歳で、私には“可愛い”という印象しか浮かばなかったんですけど(笑)。弊社の取締役社長の古賀が、彼女を見て『後藤久美子の再来だ。彼女が日本の芸能界を変える』と断言したんです。後にも先にも、このような言葉を聞いたことはありません。それで実際に、芸能界を変えてしまうような人気を集めた訳ですからね。芸能界には、才能を見出す鋭い目を持った方がいらっしゃいますが、古賀は間違いなく最も『美人』を見抜く才能のある人間だと思いました。我々では理解できない、言い表せない、特別な感覚が備わっているのではないのでしょうか」

──そして今年は、井本彩花さんがグランプリを獲得。彼女を選んだ、最大のポイントはどこにあったのでしょう?

「幼い頃からバレエを習っていたこともあってか、最終選考ではステージで物怖じしない度胸がありました。また、他にもグランプリ候補がいたんですか、彼女がコンテストの原点である『日本の美』を継承できる才能をもっていると判断しましたので」
第15回グランプリの井本彩花さんとゲストの上戸彩さん
──過去のグランプリ獲得者、出場者の皆さんの顔ぶれを見ていると、純粋に綺麗な外見だけではなく、自分で生き方を決めていけるような強さも併せもった方々が多い印象がしました。強さも「美人」になるための大切な要素ではないかと思ったのですが。

「その通りだと思います。後藤久美子を育てている頃から『挨拶などの礼儀さえ欠かさなければ、あとは同じ土俵の中。対等な立場で、自分の意見をしっかり言いなさい』と教育しているので。自分をはっきり表現することで、芸能界で存在感を出せると思いますし、結果的に本当の美しさが備わってくるものだと思いますね。つまり『美人』とは、外見だけでなく内面の美しさもある方なのではないでしょうか」

──今後は、どんな「美人」を発掘していきたいですか?

「30年前とコンセプトを変えるつもりはありません。時代の流れによって変化しない、『美人』をこれからも発掘していきたいですね」

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。