2017.11.11

575馬力! ジャガーの新型サルーンは、大人な顔したスーパースポーツだ!

ジャガーが575馬力という超がつくほど高性能の高級サルーン、XJR575を発表した。スポーツカーなみの性能をクラフツマンシップで仕上げられたボディに秘めたスペシャルとして大人の男は注目してほしい。

文/小川フミオ

ジャガーの魅力を最大限に味わえるパフォーマンスサルーン

余裕あるサイズの車体にパワフルなエンジンを搭載したのがパフォーマンスセダン。メルセデスAMGなどがすぐ思い浮かぶ。他国でこれに並ぶクルマは稀ともいえるが、数少ない例外がジャガーだ。

ここで紹介するのは、2017年秋に(本国で)登場したばかりのXJR575だ。ひとことでいうと、ドイツ勢の強力なコンペティターである。
低めの車体に大型フロントスポイラーやスリットの入ったボンネットが迫力
後席に好んで乗るひとも多いジャガーXJサルーンをベースに、ハイパワーの5リッターV8エンジンを搭載したモデル。なにしろ575馬力だ。
 
これまで存在したXJR(550馬力)の代替モデルで、このようにパワーは25馬力もアップしているのが特徴である。
 
LEON.jpを読んでいるひとなら、洒落者のチョイスというものに興味があるだろう。誰もが認めるブランド性も大事だけれど、自身の価値観に従った選択を重視してこそ、とおもうのだ。
コネクティビティやインフォテイメントの充実ぶりは高性能仕様でも変わらない
ジャガーはそんな選択眼にかなうブランドだ。いちどでもステアリングホイールを握った経験があれば、そのよさがわかる。XJR575はジャガーというブランドの魅力を、極限にちかいかたちで味わうことの出来るパフォーマンスサルーンだ。
 
実車に接したのはポルトガル。さきに紹介したXFスポーツブレークと同じタイミングで、たっぷりと試乗のチャンスをもらえたのだった。

観光都市ポルトから内陸部に入ったところに拡がる、ワインぶどう畑が拡がる山岳地が試乗コース。秋だったので色づく葉が美しかった。
全長5130ミリの堂々たる大きさ
乗ったのは、特別色で仕立てられた仕様。ジャガー・ランドローバーのSVO(スペシャルビークルオペレーション)によるベロシティブルーという青色が目をひくモデルだ。
 
ボンネットのツインルーバーや赤色のブレーキキャリパー、さらにグロスブラック塗装のホイールが、専用の「575」のプラックとともに外観上の識別点である。
 
内装面ではダイヤモンドステッチを座面中央部に使い、馬力を表す3ケタの数字をヘッドレストレイントに大きく刺繍しているのが目立つ。
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。