2017.11.14

白シャツとニット。王道コンビを格上げする夜のコーデ術とは?

夜遊び着の新定番は、さらりとリッチな白シャツと程よくラフなミドルゲージニット。ニットの色で印象をコントロールできるから、どんな夜遊びの場にも着ていけるのです。

写真/人物・川田有二
スタイリング/四方章敬 ヘア/松本和也(W)
メイク/星 隆士(SIGNO)
文/竹石安宏(シティライツ)
2017年12月号より
いま、オトコの夜遊びは、ホテルのバーからボウリング場までと実に幅が広い。だからこそ装いにも幅が必要なのですが、ここで出番となるのがミドルゲージのニット。ハイゲージほどドレッシーすぎず、ローゲージほど昼っぽくもない。白シャツの艶とリッチ感を生かしつつ遊び着らしいラフなリラックス感も漂う、夜遊びの新定番なのです。
13万円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)、男性●シャツ4万5000円、パンツ10万9000円、ブレスレット15万円/すべてベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)、時計103万円/ゼニス、リング2万4000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店) 女性●ニット(アンサンブル)21万円、パンツ9万2000円/ともにレ・コパン(サン・フレール)
製品染めならではのこなれた雰囲気のオリーブカラーが実に男らしい、クルーネックのミドルゲージカシミアニット。なめらかな肌触りで保温性も申し分なく、白シャツにレイヤードするだけでも十分暖かく過ごせるはず。シンプルなので末長く愛用できますよ。13万円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)、男性●シャツ4万5000円、パンツ10万9000円、ブレスレット15万円/すべてベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)、時計103万円/ゼニス、リング2万4000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店) 女性●ニット(アンサンブル)21万円、パンツ9万2000円/ともにレ・コパン(サン・フレール)
ミドルゲージニットの絶妙な表情ならカジュアルになりすぎず、白シャツのドレス感をいい塩梅にこなしてくれます。これなら上品なレストランでも夜景がキレイな海辺でも、バランス良くキマりますよ。
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。