2017.11.12

ジャガーの新型ステーションワゴンに試乗! SUV全盛のいまこそ乗りたい、大人のクルマ

ジャガーがアッパークラスのステーションワゴン、XFスポーツブレイクを発表した。ぜいたくな 室内とスポーティな走りで人気のXFセダンに追加されたモデルで、おとなっぽい雰囲気がなにより魅力だ。

文/小川フミオ

ポルトガルのワインディングロードで試乗したXFスポーツブレイクの実力

XFスポーツブレイクはおとなの男にぴったりのクルマといえる。なぜなら、ステーションワゴンという古典的なスタイルを継承しつつ、余裕あるサイズで、しかもドイツ車や日本車ともちがうテイストを持つからだ。

とりわけ側面からみたときの前後に長いルーフとのびやかなウィンドウグラフィクスの美しさは、“ゴルフに行くのもいいし、釣りにもいいナ”と想像の翼を広げるのに一役買ってくれる。
ジャガー XFスポーツブレイク
全長4955ミリ、全幅1987ミリ、全高1496ミリ
ジャガーはこのクルマを「プレミアムエステート・セグメント」に属するとしている。メルセデス・ベンツEクラスとBMW5シリーズの独壇場だったマーケットへの参入は、選択の幅を広げてくれるという意味でもたいへん好ましい。

実際に乗ると独特のテイストがある。試乗はポルトガル第二の都市であるポルトから内陸部に入った、ワイナリーを縫うワインディングロードと高速道路とで行われた。
ジャガー XFスポーツブレイク
Rスポーツは大型エアダムを備え扁平タイヤでスポーティな仕様
そこでよくわかったが、XFスポーツブレイクにはこのクルマでしか体験できない世界がちゃんとある。工業製品としての完璧さだけを追究するのでなく、いい雰囲気のラウンジにいるような、あたりのやわらかさみたいなものを感じさせるのだ。

今回用意されたのは250馬力の2リッター4気筒エンジン搭載の後輪駆動モデル(仕様はスポーティな「Rスポーツ」)。速さでというより、気持ちのよさで際立つモデルだ。
ジャガー XFスポーツブレイク 内装
インフォテイメントシステムはTFT液晶モニターでコントロールする
とりわけゆるやかな中速コーナーを抜けていくときに操舵に応じてすっとノーズが内側を向いていくかんじは、おそらく後輪駆動ならではものだろう。鼻先が軽くイン側に入り、車体を後輪が力強くプッシュしていく。

右へ左へとコーナリングをする際にサスペンションはしっかりボディを支え、コーナーでは後輪の外側がきれいに伸び、バランスよく曲がっていく。全長4955ミリという車体サイズは意識させない。
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。