2017.11.12

モテるアメカジは主役でキマる! 大人なスタジャンの選び方、こなし方

アメリカ野球のベンチウエアとして誕生したスタジャンを着こなすなら、シックなドレスアイテムをバランス良く組み入れたハイ&ローのスタイルが◎です。

写真/蜂谷哲実(hachiya studio)
スタイリング/四方章敬
文/長谷川剛(04)

野球文化が生み出したショートブルゾンの傑作

スタジアムジャンパーはもともと、米国野球選手のベンチウェアとして登場し、その源流は1910年代とされています。ファッションウェアとして大流行したのが1950年代。そもそもは再生ウールのメルトンを素材としていましたが、ファッション化につれて高級モデルも現れ、袖をレザーに替えたモデルなども登場することに。そんなスタジャンを今季はどう着こなすか?

ポイントはスポーツ&プレッピー要素のカウンターになるようシックなドレスアイテムをバランス良く組み入れること。ハイ&ローなコーディネイトが醸し出す、軽妙な洒落感を意識して着こなすのがお約束です。

しっとり落ち着いたカラーを多用し大人っぽく

スタジャン4万4000円/マッキアジュー(チンクエ ステッレ)、ボルドーニット4万1000円/ストーンアイランド(トヨダトレーディング プレスルーム)、黒パンツ3万6000円/ザ・ジジ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)、時計305万円/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ベルト3万7000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)、シューズ6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)
レディスのスポーツミックススタイルがメンズにも波及し、今季ブレイクの匂いを漂わせるスタジャン・コーディネイト。ただし単なるデイリーウェアを無造作に組みあわせてしまうと、エッジを欠いた懐古スタイルになるので注意が必要です。

なかでも重要なのが色使い。トレンドカラーであるベージュをメインに黒で引き締めるコーディネイトなど、シックにしてメリハリある色使いを心掛けましょう。

挿し色のインナーもバーガンディなど渋味ある暖色を取り入れることで、装いの味わいもグッと今季風に引き立ちます。足下は革靴が鉄則ですが、ビジネス調のものでないドレスシューズを合わせるのが理想です。
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。