2017.11.07

六本木ヒルズで狙う、秋冬の本命アウター

モテる大人の不良(ワル)顔ダウンコーディネイト3選

写真/人物・平郡 政宏、静物・小林 孝至
スタイリング/村上 忠正
ヘア/YOBOON
文/長谷川 剛(04)
今季も大人気のダウンウエア。しかし定番的なスポーツデザインのものを手もなく羽織るだけでは、どうしても野暮ったいルックスになりがち。そんなユルさを打破するには、ちょっと不良(ワル)なテイストを着こなしに取り入れること。ファーやビビッドカラーにシャープなシルエットなどなど、男らしいエッジを備えたダウンスタイルを、着こなしのコツと共にご紹介いたします。

インパクト溢れるファーダウンはカラーを絞って凛々しく見せる

● ダルタン ボナパルト

一般的なスポーツテイストのダウンでは、すでに差別化が図れない昨今。出し抜きの一手となるのがゴージャス(=不良)なファーをあしらったベストタイプ。リアルフォックスのファーはインパクト大にして気品溢れるモノトーンカラー。その色みを生かしてトップスやパンツなど、すべてモノトーンでコーディネイトすることが、リッチかつ渋味も兼備した大人のダウンスタイルを完成させるコツなのです。気をつけたいのは清潔感。ダメージやブラックデニムの合わせでは本物の不良スタイルになってしまうので、クリーンなホワイトデニムを取り入れて、積極的に清潔感を打ちだしましょう。

ファー&スワロフスキーが視線を奪う技ありダウン

ファーをあしらったダウンベストは、ソレだけで迫力十分。あえて袖なしのベストくらいがヤリすぎに見せないほど良い匙加減。実はこの一着、ジップラインに整然とスワロフスキーをあしらった技ありのもの。ファーの中から光を受けて艶黒の輝きを放つ独創的なデザインとなっています。毛皮もリアルフォックスファーを使用した逸品仕立て。
PAGE 1/3

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。