2017.10.10

いまが旬! 「牡蠣にはシャブリ」論争に決着をつけよ!

牡蠣に合うのはワインか、日本酒か、それとも?? 牡蠣のエキスパートに話を聞いた。

文/中島 由貴
写真/松井 康一郎
VINOBLE
“牡蠣にはシャブリ”とは世界中で言われている定説。このテッパンマリアージュに、“いや、ワインより日本酒だ!”と一石を投じたのが、名マンガ『美味しんぼ』の山岡士郎。16巻の「洋食屋の苦悩」で彼は、ワインは日本酒より多くの有機酸塩を含んでいるため、魚介類の生臭さを強める。だから「生の貝に合うワインはありません」と全否定しています。
 
「牡蠣にはワインなの? 日本酒なの? 本当のところ何が一番合うのか聞いてきて!」と編集長より命を受け、牡蠣のエキスパートである“牡蠣の人”として知られる、サトウ ゲンさんに話を伺いました。

サトウ ゲンさん、“生牡蠣とシャブリ”って、本当のところどうですか?

「まず前提として、牡蠣の美味しさは次の5つの味わいに分類されます。
 
・ 海の味
・ 牡蠣の味
・ クリーミーさ(グリコーゲン)
・ ひだや皮膚、貝柱の食感
・ 貝柱の甘み
 
白ワインやシャンパンに合うとされてきた牡蠣とは、日本で好まれている太った真牡蠣や岩牡蠣ではありません。ヨーロッパで好まれているヒラガキは“牡蠣の味”と“海の味”が強いためワインに合うのですが…」
 
なるほど、では私たちが海のミルクだと称する身が大きくてクリーミーなものと、ヨーローパで広まっているものとは全く違うということでしょうか?

「2000年以上も前からヨーロッパで好まれてきたヒラガキ『ブロン』は、1970年頃に病気にかかり全滅しています。唯一その病気に打ち勝つことができた日本の真牡蠣(マガキ)がその後フランスでその後養殖されるようになったんです。真牡蠣は強い品種なんで養殖しやすいんですね。アメリカで人気の小さくクリーミーな『クマモト』も真牡蠣ではありませんが、もともとは日本の牡蠣です。最新の牡蠣養殖では5つのテクスチャーの配合次第で、どんな味わいの牡蠣もコントロールすることが可能なので、海外ではわざと「シュッと(痩せ)」させたものを出荷しているんです」
 
ということは、“シュッと”した生牡蠣とシャブリが最強のペアリングということ?

「いろいろな牡蠣をいろいろな酒で試してはどうでしょう。牡蠣(縦軸):酒(横軸)の何通りもある組み合わせを試してマイベストを探していただきたいですね。まずは、この3軒はいかがでしょうか? ワインなら『ヴィノーブル』。こちらは瀬戸内海の無人島で獲れた牡蠣を取り扱っています。日本酒なら、貝とぬる燗の専門店『潮音(しおん)』。『ドランカー』なら、1種類の牡蠣でいろいろな酒を楽しめるのでオススメですよ。どちらのお店にもお酒と牡蠣、両方に詳しい専門家がいますので安心です」

「牡蠣にはやはりワインです。」
「VINOBLE」 濱岡 靖示さん

そうきっぱりと答えてくれたのが「VINOBLE(ヴィノーブル)」の濱岡さん。「ただ、生牡蠣にシャブリ“だけ”というのはナンセンスですよね。うちでは毎日最低6種類の牡蠣を広島の大黒神島から直送しているんですが、どれも味がはっきりと違います。ワインはボトルなら300種類、グラスでも12種類以上は取り揃えているので、それぞれ牡蠣に合わせたワインをおすすめしています」

肉が薄く、旨みが強く、海の味が濃い大黒神島産には、ワインは酸が穏やかである程度ボデイもある方が良いとのこと。例えば、リースリングや自然派のミュスカデ、サヴニエール(ともに仏ロワールの白ワイン)などがおすすめだそう。

 
「リースリングはドイツの代表品種ですが、お店では『Tatomer(タトーマー )』をお出ししています。カリフォルニアのサンタバーバラ産というのがポイント。この地にリースリングは珍しいんです。本来はすっきりした味わいですが、、こちらのものはある程度ボデイもあり秀逸。『La Desiree(ラ・デジレ)』は、自然派のワインで丸みを帯びた酸と旨味が特徴です」
VINOBLE オイスタープレート
取材した日は、岩牡蠣ヴァージンオイスター、先端、岩牡蠣、大黒神島、広島、かき小町の6種類の牡蠣がラインアップ。。おまかせオイスタープレート 6ピースプレート 2,600円(税込) 。赤ワインで有名なボルドー地方でも、オイスターバーには牡蠣にぴったりな白ワインを多数置いているそう。
ソムリエでもある濱岡さんは、“ヘンタイ”な提案をすることもあるんだとか。「牡蠣って日によって味が違うんです。貝柱の甘み、ひだの食感、内臓のクリーミーさ、海水の塩味のバランスが今日最も良いのは『大黒神島』です。お酒は、ソーテルヌをぜひ。甘口のデザートワインです。これは“ヘンタイなマリアージュ”ですね(笑)」と言うことで失礼して、まず牡蠣を一口でつるんと。優しい塩味が広がったと思った直後、噛むほどにほんのりとしたクリーミーさを感じ、食べた後は海水のしょっぱさと鼻に抜ける潮の香りが口の中いっぱいに広がります。そこに、蜂蜜のように甘〜いソーテルヌをくぐらせると、あら不思議!
ワインの甘さで牡蠣の旨みがどんどん際立ち、いつまでも口の中で甘みと塩味の“美味しい〜”が続きます。
 
「スイカに塩をかけて食べたりしますよね。その感覚でしょうか(笑)」まさにそれです!そのほかには、牡蠣→ソーセージ(肉)→赤ワインの順で味わうボルドー地方の食べ方もおすすめとのこと。牡蠣のミネラルがソーセージの油でリセットされて、それを赤ワインで流すと、また次の牡蠣が一層美味しく食べられるのですって。へぇ〜!感服いたしました。
VINOBLE 窒素充填式ワインサーバー
抜栓した後も酸素に触れることのない窒素充填式ワインサーバー。こちらのグラスワインは、ベストコンディションのものをいただける。
「一般的にワインで牡蠣の生臭みを消すと言われていますが、生活汚染の影響のない大黒神島産は生臭さが一切ないのでワインで消す必要がないんです。ワインのクエン酸と牡蠣のミネラルが互いに旨みを高め合うので、お店では最高の相性を味わっていただけます」
濱岡 靖示さん
濱岡 靖示さん/元は西麻布にてフレンチ・イタリアンのレストランとして営業していたヴィノーブルを溜池山王に移転し、オイスター&ワインのお店として2016年1月に再開。以前から生牡蠣が大好きだったと言う濱岡さんは、一部の高級店に卸しているという大黒神島で牡蠣養殖をされている会社の社長さんとの出会いがきっかけで牡蠣の道へ。「自然と牡蠣好きが集まるお店になりました。」の言葉通り、お店には連日食通たちが集う。

◆ オイスター&ワイン Vinoble(ヴィノーブル)

住所/東京都港区赤坂2−11−13 コモン赤坂 1F
お問い合わせ/☎03-6441-3135
営業時間/月~金 18:00〜26:00(L.O.)、土  18:00〜23:00 (L.O.)
定休日/日曜、祝日
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。