2017.10.08

秋のクラフトビールは、醸造所併設の「ブリューパブ」が新しい!

ビールはぬるめの燗がいい? 秋だからこそおいしい濃厚クラフトビール、あります。

文/真下 武久
撮影/國田 茂
ひとつのエリアに数軒、多いところでは10軒以上がひしめくほど、今やすっかり日本の酒シーンにも定着したクラフトビール専門店。いざクラフトビールを飲もうと思っても、どこで飲んだらいいのか迷ってしまうのが正直なところ。

そこでキーワードとして押さえておきたいのが、ブリュワリー&パブ。日本ではブリューパブ(あるいはブルーパブ)と略されますが、店内にブリュワリー(醸造所)を併設しているパブやバーのことを指します。

つまりは目の前で醸造された出来たてホヤホヤ(実際は冷えてますが)のビールを、その場で飲めちゃう夢のような場所ってこと。ひと口にクラフトビールといえど、夏には夏の、秋には秋のおいしさがあるというわけで、秋においしい濃厚でクリーミーなクラフトビールを探して、都内でおすすめブリューパブ3軒をナビゲートします!

メイド・イン・銀座のできたてクラフトビールを生で味わう

◆ ブリューインバー主水

ブリューインバー主水
一軒目にご紹介するのは「ブリューインバー主水」です。実はコチラの前身は銀座で30年の歴史を持つ名門オーセンティックバー。2016年に歴史ある佇まいはそのままに、グッとカジュアルダウンしてビアバーとしてリニューアルオープンしました。さらにはもともとパーティールームだった場所を自家醸造所に改装し、今年4月からオリジナルビールも手がけているのです。

ブリュワーは、この道20年以上の榊弘太さんと、元大手電機メーカーのエンジニアだったという小野寺洋一さんというユニークなコンビ。醸造タンクが1基80ℓと小規模だからこそ、大手のビールメーカーがやらないような大胆な冒険ができるのだとか。

14種類のタップビールを提供するうち、6~8種類が自家醸造のオリジナル。醸造にも携わるバーテンダーの児玉亮治さんは「ブリューインバー主水」のビールをこう説明します。
「クラフトビールというと個性を全面に押し出したビールが多いのですが、我々が目指したのは、やり過ぎないクラフトビール。銀座の店ですから、銀座の日常に溶け込むようなスマートな味わいを心掛けています」

そうそう、ブリュワーの榊さんと小野寺さんはその日の作業が終わると、そのままバースペースでビールを飲んでいることもあるそう(だいたい毎日いるらしい)。偶然にも隣で飲んでいたら、ブリュワー自らが醸造所を案内してくれる、なんてミラクルがあるかもしれません!

◆ BREWIN’ BAR MONDE(ブリューインバー主水)

住所/東京都中央区銀座8丁目11-12 正金ビル B1階
お問い合わせ/☎03-3574-7004
営業時間/14:00~23:00
定休日/日・祝
URL/http://www.brewinbar.com/
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。