2017.10.12

王道の「カンパリ」? それとも新鋭の「アペロール」? 秋のデートは“外アペ”からでキマりです!

秋風が心地いい季節。「カンパリトニック」や「アペロールスプリッツ」といった見た目にお洒落で喉越しまろやかなカクテルで、彼女や気のおけない仲間たちと一緒に“外アペ”がオススメです。

文/和田真由子 写真/鷲崎浩太朗
協力/ユニマットプレシャス、セレスタイト
深まる秋、お酒も食事もいっそう味わいを増す季節です。何軒かお店をハシゴするのもいいですが、イタリアではポピュラーな習慣、夕食の前に軽くおつまみと食前酒をいただく“アペリティーヴォ”をお手本にしてみませんか? 
イタリアをはじめヨーロッパでは、アペリティーヴォ(またはアペリティフ)の時間は、忙しい日中と気分を切り替え、夜を楽しむための大切な前奏曲。そんなアペタイムにはもちろんカクテルが欠かせません。そして、本場イタリアで人気なのが「カンパリ」と「アペロール」をベースにしたカクテル。口当たりまろやかで食前酒にぴったりのカクテルは、彼女の喉もやさしく潤してくれますよ。

カンパリとアペロールは
ヨーロッパのアペ文化の定番です

アペリティーヴォとして定番のカクテル「アペロールスプリッツ」(左)と「カンパリトニック」(右)。
アペリティーヴォは、イタリア人にとって欠かせない食文化。仕事を終えて夕食までの時間、恋人や仲間たちとバルやカフェで、簡単なおつまみと「食事の前に軽く一杯」を楽しむ粋な習慣です。
 
そして、そんなアペタイムになくてはならないのが「カンパリ」と「アペロール」。「カンパリ」を用いたスタンダードカクテルは、配合されたハーブやほろ苦さが食欲をそそると、食前の一杯として長年愛されてきました。他方、日本ではあまり知られていませんが、オレンジが爽やかなリキュールの「アペロール」は、アルコール度数が低め(11%)で飲みやすく、ヨーロッパでは近年爆発的な人気を誇っています。

秋風が心地よい季節
アペは、外飲みが気分です

どちらのカクテルも、氷を入れたグラスに下記の材料を注ぎ、オレンジスライスを飾るだけで簡単に作れます。
写真左/アペロールスプリッツ(材料:アペロール60㎖ プロセッコ60㎖ ソーダ 1ダッシュ)、右/カンパリトニック(材料:カンパリ30㎖ トニックウォーター90㎖)
秋風が心地いい季節は、テラスで外飲みがおあつらえ向き。日中のビジネスモードから気分を一新させてリフレッシュしたいアペタイムには、さっぱりした甘さとほろ苦さ、そして炭酸のシュワシュワ感あるドリンクがぴったり。

そんなカクテルの代表格「カンパリトニック」と「アペロールスプリッツ」は、爽快で飲みやすく、イタリアっ子からの圧倒的な支持も納得です。“とりあえずビール”代わりのスターターに、ぜひお試しあれ!
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。