2017.09.22

第27回:鶏肉とキノコの煮込み

写真/菅野祐治 文/甘利美緒

秋の夜長をほっこりさせるスペイン風煮込み

朝晩は冷えるようになり、秋の気配を感じる今日この頃。そろそろあったかい料理が恋しくなってきましたよね。日々頑張っている彼女のカラダと心を、諸兄の手業で癒してあげましょうよ♥ということで、今回はスペイン生まれの煮込み料理をご紹介いたします。

いつになくシンプルな手順ながら奥深い味に仕上がるので、手間をかけた感をも演出することが可能。彼の地の郷土料理に精通する注目店のシェフに教えていただきましたので、ぜひともお試しくださいまし~。

今回の料理人はこちら

酒井 涼さん

2002年から渋谷の「サン・イシドロ」で8年間シェフを務め、スペイン料理を学んだ後、牛込神楽坂のスペインバル「バルマコ」の立ち上げを1年間手伝い、準備期間を経て2012年6月、
代々木八幡に「アルドアック」を開業。年に1回はスペインへ渡り、郷土料理を研究する熱心な腕利きです。

[材料]

〈2人分〉

・鶏肉(骨付きモモ肉) 1本
・生ハム(ベーコンでも可) 20g
・タマネギ 1/2個
・ニンニク 1片
・お好みのキノコ 適量
 
・白ワイン 100cc
・オリーブオイル 15cc
・水 500cc
・塩 少々
・ローリエ 1枚
・オレガノ ひとつまみ

Step 01:鶏肉に焼き目を付ける

鶏肉の両面に塩を振る。鍋にオリーブオイルを入れて熱し、鶏肉の両面を皮目から焼いてこんがり焼き色が付いたら一度取り出しておきます。

Step 02:キノコや野菜を炒める

同じ鍋でニンニクのみじん切りを炒め、香りが出てきたら1㎝角に切ったタマネギを入れて炒めます。タマネギがしんなりしたら食べやすい大きさにしたキノコを加えてサッと炒めましょう。

ここでドライポルチーニを使うと、さらに風味がアップしますよ。あ、その際はちゃんと水で戻してからにしてくださいね。

Step 03:水を入れて煮込む

鍋に焼き目が付いた鶏肉、1㎝幅に切った生ハム、白ワイン、水、ローリエ、オレガノを加え、沸いたら蓋をし、とろ火で1時間煮込みます。水分が無くならないように、適宜、水を足しましょう。

Step 04:水が白濁するまで煮込めば完成!

ね、簡単でしょ。具を平らげたらスープに米を入れて火にかけ、おじやにしていただくのもオススメです。

■アルドアック

今回、レシピを教えてくれた酒井 涼シェフがひとりで切り盛りする、カウンター8席のみのスペイン料理店。スペイン語のラジオ放送が流れる通好みの空間で味わえるのは伝統的な郷土料理のコースと、郷土料理を進化させたモダンなコースの2種。珍しいスペインワインやシェリー酒が揃うのも魅力。居心地がいいので、思わずグラスが進んでしまうかと。

住所/東京都渋谷区上原1-1-20 JPビル2F

URL/http://ardoak.biz/

03-3465-1620

営業時間/18:00~21:30(L.O.)
定休日/水曜日

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。