2017.09.11

太ももを鍛えると、全身が引き締まる!? 筋肉視点の痩身方法とは

トレーニングのヤル気はあれど時間を割けない忙しい向きにオススメなのが、サイクリング。移動中でも太ももを中心に全身を鍛えることができるのですよ。

動画・写真/松井康一郎
文/LEON.jp
イラスト/野村憲司(トキア企画)
協力/伴野祐介
(CYCLE & STUDIO R
Shibuya)
「ヨシ! カラダを少し引き締めて、あの服を格好よく着こなすぞ。気になるあのコにも堂々とアプローチできるし」なんて目標を打ち立てるも、仕事に精力的なみなさまにおかれましては、なかなかトレーニングに割く時間がないのが現実かと。
 
単なる妄想で終わらせないためには、効率的なボディメンテが必要です、よね? ならば、カラダのなかでも大きな筋肉群・太もも周りを優先的に鍛えればいいんです。筋肉量が増加すると基礎代謝量が上がり、太りにくく痩せやすいカラダができることはご存知でしょう。

下半身だけで全身の筋肉の70%を占めると言いますから、腹筋などの小さな筋肉から鍛えるよりもよっぽど効率が良いのです。

サイクリングで中心的に使う筋肉群

そして、太もも周りの筋肉をよく使うスポーツといえば、サイクリング。通勤時や休日にスポーツバイクに乗る人は、ふだんの乗り方に少し工夫を加えるだけでトレーニングも兼ねられるのです。今年3月にオープンした「CYCLE & STUDIO R Shibuya」のストアマネージャー兼トレーナー、伴野祐介さんにそのコツを取材しました。

VRサイクルという、映画館級の映像美を目の前にして行うトレーニングを日々指導する伴野さんが指摘するのは、まず乗車ポジションです。

「一般的なスポーツバイクの場合、片足が地面につく高さにサドルを調整したら、ハンドルもその高さに合わせます。上半身はリラックスさせながら、ややお腹に力を入れてハンドルバーの手前を握ってください」

スポーツバイクの乗車ポジション

このとき、伸ばした脚のヒザが完全に伸びきる少し手前くらいの位置にペダルがあると理想的。

お尻はできるだけサドルの後ろのほうに。深く座ることで、上半身をリラックスさせやすい。背中や腕をピンと張るのはNG。
PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!