2017.09.10

日本のセダンは負けていない。そう確信させてくれるのが「トヨタ・カムリ」だ

7月に発表された新型カムリは、遊びを知り尽くしたオトナのオトコが落ち着く先にある、最高のセダンへと進化を遂げていた。

文/小川フミオ
トヨタ自動車が2017年7月10日に発表した新型カムリ。日本車業界では苦戦を強いられているというセダンだが、このクルマに乗れば考えが変わるかもしれない。

フルモデルチェンジを遂げたカムリは“いいクルマ”になった

トヨタ カムリ
カムリは前輪駆動で価格は329万4000円からとなる。
「トヨタ・カムリ」がフルモデルチェンジを受けた。オーソドックスなスタイルのセダンという基本は変わらないが、それは見た目のはなし。乗ればびっくりするぐらいいいクルマなのだ。
 
カムリは北米で38万台、中国で10万台、サウジアラビアやUAEを含むGCC(湾岸協力理事会)で5万台を記録(すべて2016年に実績)。トヨタでは「グローバルミッドサイズセダン」と名づけている。
 
今回の新型カムリは2017年初頭に北米仕様としてベールを脱いだ。最大の特長は、一見すると少し難解な、TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)なる最新のクルマづくりが採用されたことだ。
トヨタ カムリ
エンジンの最高出力は131kW (178ps)、最大トルクは221Nm、電気モーターの最大トルクは202Nmと大きい。
もうすこしわかりやすく書くと、端的にいいクルマになった。それが新型カムリの最大の特長だ。TNGAで作られたクルマはほかに、現行型プリウスと、SUVのC-HRがある。C-HRも走りがしっかりしていて印象的だったが、カムリはさらに上をいっている印象だ。
PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!