2017.09.06

3分でカラダのピンチを切り抜ける! “ちょい不調”に効くツボマッサージ5選

アクティブな人ほど、ちょっと頑張りすぎてカラダに不調のサインが表れることもおありかと。それでもひと踏ん張りしたい!というときは、ツボマッサージが効くのですよ。

取材・文/アキヤマケイコ
イラスト/野村憲司(トキア企画)
日々、精力的に活動しておられるみなさまとて“ちょっと具合が悪いな”というときもおありになるかと。カラダの調子が上がらないと、仕事の集中力も落ちますし、お洒落への意欲もイマイチになりますよね。
 
「ここぞ!」という勝負どきの困った“ちょい不調”対策として、お試しいだだきたいのがツボマッサージ。オフィスや移動中などでも簡単にできて、すぐに効果が期待できる方法をご紹介します!

デキるオトコの“ちょい不調” その①

「午前中にプレゼンがあるのに、顔がパンパンにむくんでいる!」

今日は大事なプレゼン。なのに、昨晩の商談は盛り上がってお酒が進み、鏡に映った自分の顔がまるでアンパンマン!
【対処法】
顔のむくみがひどいときは、首のリンパの流れを良くするツボをマッサージすべし。顔まわりに溜まった水分や老廃物を、心臓の方向に流していくイメージで行えば、徐々にむくみが取れてスッキリしてくるはずです。

胸鎖乳突筋に沿って、上から下にマッサージ

エラの下あたりから鎖骨にかけての太い筋(胸鎖乳突筋)に沿ってマッサージ。オレンジ色の3箇所を上から順番に、親指以外の4本の指の腹を当て、軽く押しながら皮膚ごと動かし、3〜5回、回します。皮膚を鎖骨のほうに引っ張るイメージで。これを何度か繰り返します。アゴのたるみにも効果的なので、気になる人は毎日続けましょう。
エラの下あたりから鎖骨にかけての太い筋(胸鎖乳突筋)に沿ってマッサージ。オレンジ色の3箇所を上から順番に、親指以外の4本の指の腹を当て、軽く押しながら皮膚ごと動かし、3〜5回、回します。皮膚を鎖骨のほうに引っ張るイメージで。これを何度か繰り返します。アゴのたるみにも効果的なので、気になる人は毎日続けましょう。

デキるオトコの“ちょい不調” その②

「仕事柄パソコン作業が多く、目が疲れる。夕方になると目がかすんでくることも……」

近頃、目が疲れて仕方がない。朝からパソコンに向かっていると、夕方には焦点がぼやけて、なんとなく頭痛もする。
【対処法】
そんな人は、アゴを前に出す前傾姿勢で座り、液晶画面の一箇所を長時間見つめていることが多いもの。目だけでなく、頭・首・肩まで凝り固まっているので、首の後ろを伸ばす姿勢を取り、頭全体の血行をよくするツボをマッサージしてみてください。視界がクリアになり、コリも取れてくるはずです。

後頭部のツボ(玉枕)を押しながらマッサージ

アゴを引いて胸につけるようにして下を向き、首筋の後ろ側を軽く伸ばした姿勢をとります。後頭部の真ん中のいちばん飛び出た部分の骨から、指1本分外側にある両側のツボ(玉枕)に中指を当て、親指以外の4本の指も添えて、頭皮をこするようにしながら、わしわしと回してもみほぐして。
アゴを引いて胸につけるようにして下を向き、首筋の後ろ側を軽く伸ばした姿勢をとります。後頭部の真ん中のいちばん飛び出た部分の骨から、指1本分外側にある両側のツボ(玉枕)に中指を当て、親指以外の4本の指も添えて、頭皮をこするようにしながら、わしわしと回してもみほぐして。
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。