2017.10.07

最近どうも眠れない、やる気が出ない……それって、アレが原因かも? 

毎日の小さな不調の原因は、うつ病? いえいえ、近頃は30代でも発症するといわれている男性更年期障害かも

文/秋山 都
撮影/菅野 祐二
更年期障害は女性のものだけではありません。「いや、俺、まだ関係ないから」って? お元気なのは何よりですが、実はあまり知られてはいないもの、男性更年期で悩む方は30~40代でも少なくありません(最も多いのは40−60代です)。まだまだ知られていない男性更年期とはいったい何か? その治療法とは? メンズヘルスおよびアンドロロジー(男性医学)の専門医である小林知広医師に聞きました。
――男性更年期と聞けば、まず下半身の不調が浮かびます。

たしかにEDは男性更年期のわかりやすい症状のひとつですが、それだけではなく日常のさまざまな不調が男性更年期の訪れを告げていることがあります。たとえば、
  
・寝つきが悪い
・なんとなく元気がない
・仕事の効率が悪くなった
・運動能力が落ちた
・最近おしゃれに興味がない
・顔がほてって発汗する
・イライラしがちで、怒りっぽくなった

以上のような症状が2つ以上、ひと月以上の期間で当てはまるなら男性更年期である可能性が高いでしょう。

――うつ病の症状と似ていますね。

うつとは症状が似ていて間違われやすいのですが、原因はまったく違います。男性更年期というのは、テストステロンという男性ホルモンが低下しているために起こる症状です。
このテストステロンが著しく不足すると、EDだけではなく、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まります。なによりテストステロンは男の心とカラダを元気にさせるガソリンですからね。

テストステロンはやる気、冒険心やチャレンジスピリットをかきたて、血管を若く保ち、また、がんやメタボを遠ざけるため、大変重要なホルモンです。もちろん性機能が低下してしまうことも大問題ですが、テストステロンが下がる=老化とあきらめず、治療を受けることで 、その後の数十年を楽しく、充実させることができます。

――どんな治療法がありますか?

まずはホルモン値を測り、テストステロンが一定値より下であれば、保険適用でホルモン補充のための注射(エナルモンデポ®︎)で治療することができます。そこまで下がっていなくても自由診療で治療できますし、その場合の薬もみなさんが想像しているよりずっと安い(月額1~3万円)んですよ。

――でもアレ、心臓に悪いって聞きました。

テストステロンが心筋梗塞など心血管イベントのリスクを上げるというのは根拠のないことだと証明されています。以前テストステロンが心血管イベントのリスクをあげると報告されましたが、後日その論文は撤回されています。あと、この話はよくバイアグラと混同されがちなんですが……バイアグラはホルモンの量にかかわらず勃起状態を作る薬ですので、更年期治療の薬ではありません。ちなみにバイアグラが心臓に悪いというのは都市伝説のようなもので正しくはないんですよ・・・(この話、非常に興味深いのですが本筋とずれるので以下略。結果だけ書くと、バイアグラを飲んだから心筋梗塞を起こす、という因果関係はないようです)
*バイアグラとニトログリセリンを一緒に服用すると血管が開きすぎて血圧を保てないため、併用はタブーです。
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。