2017.09.09

vol.17「ビストロ・マルクス」/銀座

まさかの銀座4丁目交差点見えテラスで、二つ星シェフのフレンチを堪能!

写真/棚井文雄
デートのお店選び、みなさんはいつもどうしていますか? ガイドブックや雑誌はもちろん、さまざまなグルメサイトまであって、今やニッポンはレストランの検索天国ですよね。とはいえ、「デートを成功させるためのお店」をきちんと探し出せる人ってきっと少ないはず。だって、複雑な女性の好みや心理状態を理解できないと恋を成就させるってムズカシイもの。
 
そこで、本誌LEONでYULI*YULIとして14年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南いたしましょう。

大都会を見下ろすテラスでロマンティックに、乾杯〜❤︎ Part 2

銀座で“まさかのど真ん中交差点見えテラス”があるビストロをご存知かしら? 場所は4丁目交差点角の元日産ビル、GINZA PLACEの7階。フランスの2つ星シェフ、ティエリー・マルクス氏の世界初出店となったレストラン「ビストロ・マルクス」です。

なにせ銀座4丁目交差点周辺は、公示地価が全国トップで有名でしょ。そんな場所を軽く見下ろしながら、日本一の乾杯はいかがかしら? 恋のボルテージが上がること、間違いなしよ!
お料理にもご注目。秋の新作メニューが続々と登場よ。たとえば「エスカルゴ マルクススタイル」は、バターを絡めたエスカルゴを、トマトソースを入れたブリオッシュの上にたっぷりとかけたもの。メインの「鴨のロースト 秋野菜添え」は、ジューシーな鴨をじっくりと堪能できる逸品よ。「タルト ポワール」は、トーストしたブリオッシュの上に洋梨のシロップ浸けがのっているの。

で、気が付きました? ブリオッシュが使われているメニューが多いこと。元パン職人だったマルクス氏だけに、お料理はパンとの融合がコンセプトなの。そして、外はサクサク、中はふんわりの人気ブリオッシュは、お土産にも買えちゃいます。
店内も素敵よ。窓が大きな店内は自然光がたくさん入って明るく、白&ベージュが基調のインテリアでエレガント。バーテンダーさんもいるので、奥のカウンターでアペリテティフしてから、席に着くのもこなれ感アリね。

でもやっぱり、テラス席に座ってほしい。とはいえ、食事ができるかどうかは天候次第なので、デート当日の天気が良ければ、テラス席の予約を入れちゃいましょ。もちろん昼間もいいけれど、ベストは日暮れどきのマジックアワー。目の前の和光をはじめとするビルに明かりが灯り始めてロマンティックよ。

本格ガストロノミーを楽しめる「ティエリー・マルクス」も同フロアに!

ちなみに、ガストロノミーレストラン「ティエリー・マルクス」も隣接しているの。開放的なビストロに比べて、コチラはシックで落ち着く空間です。特別な日は、クリエイティブかつ繊細なフレンチでぜひお祝いしてね。デザートタイムには優先的にテラスへ移動できちゃうわよ。
 
いまや世界中から来た人たちで賑わう銀座のど真ん中見えテラス。宝石箱のようにきらめく街を眺めるお姫さまを、今宵、しっかりエスコートしてあげてくださいね。

■ ビストロ・マルクス

住所/東京都中央区銀座5-8-1
GINZA PLACE 7F
営業時間/11:30〜16:30(L.O.15:30)、18:00〜23:00(L.O.21:30)、バータイム21:30〜24:00(L.O.23:30)
無休
URL/ http://www.bistromarx.jp
 
予約・お問い合わせ/☎03-6280-6234

※バータイムは日曜・祝日は営業しません。

【オープン1周年記念キャンペーン】
フランスより2つ星シェフ、ティエリー・マルクス氏が来日し、9月23日㈯・24日㈰の2日間、ガラディナーを開催。それ以外にも、9月18日㈪~23日㈯は「ティエリー・マルクス」にて、9月11日㈪~22日㈮では「ビストロ・マルクス」にてスペシャルメニューを提供。

※詳細はホームページをご覧ください。

●渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2017年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が10周年を迎えた。

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!