2017.08.20

まるごとからあげ!? センベロの聖地・立石巡礼その2

文/LEON.jp 岸澤 美希
皆さま、こんにちは!LEON.jpの岸澤です。この休日はいかがお過ごしでしょう?

先日の特集・「夏の酒には浪漫がある」では、この夏のデートにオススメなお店や、お酒の飲み方をご紹介してまいりました。そのなかで、倉本康子さんと立石の居酒屋さんを巡る記事も配信しています。ご覧になっていただけましたか? 倉本康子さんは「おんな酒場放浪記」のヤッコさんとしてもおなじみの美女ですので、未読の方はぜひご覧くださいませ。

さて、その記事でご紹介した立石は、駅周辺に個人経営の居酒屋さんが数多く密集した地域。記事で取り上げたお店以外にどんなお店があるのか、探訪してまいりました!
立石駅は降りたそばから昭和ムード漂います。有名な呑んべ横丁の入り口に立つと…タイムスリップしたような心持ちに(笑)
訪れたのは、呑んべ横丁の手前にある「鳥房」。

コチラは一見、鳥専門の精肉店ですが、左手に回ると居酒屋の看板が。販売している鶏肉をいただけます。初めて行ってみましたが、お店の中は満席! お店に入る前から人気の高さが伝わってきます。

ちなみにコチラ、酔った方の入店は不可とのことですので、行くならば1軒目にしてくださいね(笑)
店に入った途端、おかみさんが「ハイ、そこ座ってね〜!」と体育会系なノリ。でも、ハキハキととても人の好い方です。
そのおかげか店内はとてもアットホームな雰囲気。
まずつまみに、鳥わさ(550円)。 シンプルですが、美味しい。やはりお肉そのものが新鮮だからですね!
そして特徴的なのが、ひとり1つ必ず出てくる「若鶏唐揚」!
若鶏の唐揚(時価)。
どーん!と半身を丸ごと揚げています。

彼女を連れて行けば驚くこと間違いなし。ですが、女性がバラすのは少々難しいので、男性がおかみさんに頼んであげてくださいね。あっという間の早業で解体してくれますよ。

見た目のインパクトさることながら、味も美味!パリパリの皮も香ばしいです。
お店の表からは、鶏を揚げるお父さんの姿が。たくましいです。
おしゃれなディナーは、女性ならばもちろんうれしいトコロですが、ずっと続くとマンネリにも…。気心の知れたふたりならば、昭和ムード満点な店で一杯、というのも楽しいものです。

「鳥房」は、他のお客さんとの距離も近いので、食事をしている間に周りの方とも自然と打ち解けられます。地元の方と隣り合うと、オススメの店を教えてもらえることも(笑)。 

立石はセンベロの町。その醍醐味はハシゴですので、ぜひ2軒、3軒と行ってみてくださいませ。

◆ 鳥房

住所/東京都葛飾区立石7-1-3
営業時間/平日・土曜日 16:00〜21:00
     日曜日15:00〜20:30
定休日/火曜日
☎/03-3697-7025
ちなみに、今回お隣に座られた常連さんに教えてもらった オススメのおでん屋さん。店名もズバリな「おでんや」。
呑んべ横丁を入って直進・右手にあります。コチラも古き昭和が漂う店舗。お味ももちろん美味です♥

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!