2017.08.16

シャトーブリアン、山形牛…これが日本の最高級牛丼だ!

日本でもっとも予約がとれない焼肉店の〆どんぶりから、1杯7,000円超の高級ステーキごはんまで。

文/中島 由貴
写真/菅野 祐二、河合 綾
ブリアン ブリメシ
今にもあふれそうな肉汁、炊きたての白米。その両者が茶碗の中で合体している肉丼は、旨味のブラックホールともいえる一杯の小宇宙。超高級部位シャトーブリアンをごはんの上に惜しげもなく乗せる「SATOブリアン」の“ブリメシ”から、デリバリーでも楽しめるステーキ丼まで、ニッポンを代表する圧倒的に美味しい美肉丼だけを厳選しました。ファストフードやチェーン店では満足できないオトナ向け、肉丼界の “ドン”を5品、ド〜ンとご紹介!

シャトーブリアン×にんにくバター醤油ダレ

◆ SATOブリアンの『ブリメシ』

東京の予約の取れない店1、2を常に争う焼肉店「SATOブリアン」のシメ、“ブリメシ”をまず。というのも、焼肉コースの〆に小どんぶりを出すお店は数多かれど、ご飯の上に目の前で焼き上がったばかりの極厚シャトーブリアンを乗っけた超VIPなシメを供するやり口は、ココンチがパイオニア。昔から焼肉がとにかく好きで週に1回は必ず食べ歩いていたという店主・佐藤明弘さんが、前職の某焼肉店勤務時代10年の間に温めていた肝いりの一杯なんです。
 
“人を喜ばせるにはシャトーブリアンしかない”、と佐藤さんが惚れ込む極上部位は、なんと一頭(約500kg)から1kg弱しか取れない希少なヒレの中心部。それをブリメシ用に50gほど厚くカットし、ミディアムレアに焼いていきます。炭火で実に見事に焼き上げてくれる妙技を眺めていると、途中、肉の隣で温まっているにんにくバター醤油の中にジュドン! その瞬間、まろやかなバターと芳醇なにんにくの香りが押し寄せてきて…、はあ、たまりません! その肉をご飯の上にそっと置き、さらにタレをちょい足して…その美しい光景と香りにやられ、もはやさっきまで絶品肉たちでほどよく満たされていたはずのお腹が不思議とゼロに、いや、マイナス状態に(笑)。
 
脂身が少なく赤身との“サシ加減”が丁度いいシャトーブリアンを厳選しているため、口当たりはあっさりとしていて、心地よい弾力感があります。そこにバターの甘みと熊本県産の醤油のまろやかな塩味、醤油漬けしたスライスにんにくの香ばしさが肉汁と口の中で混ざり合って、今まで出会ったことのない味に誰しもが笑顔になることでしょう。
 
どうせ予約取れないんでしょ?なんて諦めている諸兄に、最後に耳寄りなネタを。毎月1日の12:00〜15:00、23:00〜24:00に、翌月分の予約を受け付けるとのこと。全人類皆平等な条件での争奪戦となるので、最低10分はかけ続けるくらいの気合を。ちなみに、キャンセル待ちは不可。なぜなら、「キャンセルなしがキャンセルポリシー」なのです。いや、予約が取れたなら槍が降ろうが何があろうが、もったいなくって絶対にキャンセルなんてできませんけどね!

◆ SATOブリアン

住所/東京都杉並区阿佐谷南3-44-2 新井ビル1F
営業時間/17:00~23:30
予約・お問い合わせ/☎︎03-6915-1638
 
●コースは、10,500円、12,500円、15,000円あり、すべてにブリメシがついてきます。(単品注文は不可)
PAGE 1/3

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。