2017.08.11

この夏、アイウェアの選びでモテるが倍増!

文/LEON 中村 大樹
みなさん
こんにちは!
 
LEON編集部の中村です。
 
カンカン照りな毎日が続く今日この頃。
トップスはTシャツでボトムスは短パンと、
とことんカジュアルになってしまうこの季節にこそ活躍するのが
アイウェアやジュエリーなどの装飾アイテム。
 
もともと目が悪いこともあり、
寝るとき以外は常にアイウェア(度入り)をかけているワタクシ。
そろそろ新しい一本を追加しようと考えていた矢先に
これ欲しい!と思えるアイテムたちに出会ったのでご紹介いたします。
 
まず初めは「ブリオーニ」のアイウェア!
ブリオーニといえばスーツという印象を
お持ちの方が多いと思いますが
アイウェアもかなりいけてました!
 
小誌でも推奨している淡色サングラスや
メタコン(メタルとセルのコンビ)など、
いま持つべきアイウェアが揃っていましたよ!
 
続きまして「トーマス・マイヤー」のアイウェアです!
ココンチのアイウェアもやはり
2カーブ程度のレンズを使ったものなど、
今抑えるべきポイントを押さえた
アイウェアが揃っていました!

完全フラットなレンズも良いですが、
2カーブ程度のフラットは
よりかけやすいのでオススメですね。
 
そして最後が「グッチ」のアイウェアです。
ブリッジ部分にブランド名が彫られたメタルが
埋め込まれているコチラ。
 
パッと見た印象で、クリアフレームは
難易度が高い、と思われ方もいるかと思いますが
その実、いざかけてみるとそうでもなかったのです!
 
それは絶妙なセルの太さなのか、
クリアといっても絶妙な色がついているからなのか、
かけやすいうえに色気を薫らせるアイウェアが揃っていました!
 
と、今回は夏場に活躍するアイウェアをご紹介しました!
レンズのカーブの具合いや、微妙なレンズの色味など、
ほんの少しの違いで、
かけた時の印象がガラリと変わるものだな〜と。
 
シンプルな装いであっても、
アイウェアの選び次第でモテるが増すかもしれませんよ!
 
この時期こそ、モテるアイウェア選びを
お楽しみくださいませ。
 
では!
■お問い合わせ
ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス 0800-555-1001

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!