2017.08.10

ドライブデートにピッタリな“雲海ハント”に出かけてみた

取材・撮影・文/BEAUTIFUL CAMPING
協力/三菱自動車工業 株式会社
ペルーのマチュピチュをはじめ、兵庫県の竹田城など、雲海がブーム。見晴らしのいい山の上から眼前に広がる雲海は、壮大にして実にロマンチックですからね。
 
とはいえ、雲海は天候しだいですので、女性と一緒に早朝に出かけたとしても、見ることができなかった……なんて、ことも起こり得るわけです。ですが、そうならない奥の手があるのですよ。

今度の週末、雲海を見に行かない?

そんな折、素晴らしいサービスができたというじゃありませんか。その名も「雲海出現NAVI」。これは三菱自動車が始めた「週末探検家」というプロジェクトのコンテンツです。なんと、これさえあれば、インターネット上で雲海の出現情報が手に取るようにわかっちゃいます。もちろんスマホにも対応しているのでご安心を。

今回、私も週末探検家となって、「雲海出現NAVI」を駆使し、雲海探しに出かけてみました。では、雲海に出会うまでの旅の一部始終をご紹介。

そもそも、雲海はどうしてできるの?

旅は雲海を探すところから始まります。まずは、「週末探検家」にアクセス。出発地点を入力後、現地立体地図(画像左)が表示され、続いて出現確率と詳細画面(画像右)に切り替わります。最寄りの雲海出現ポイントと(直近の週末の)出現確率が表示。さらに、出現ポイントをいろんな角度から確認できる3Dマップ付き。ほかにもメニュー内のオススメ雲海マップでは全国各地の雲海スポットが表示されるので、少し遠くても高確率な出現場所を探すことが出来ます。
ドライブ中、助手席の女性にこんな質問をされて、「……」と詰まってしまっては元も子もありません。モテるオトコは準備が周到。あらかじめ雲海の基本情報を頭に入れておけば完璧です。
 
雲海とは、雲を上から見下ろしたときに海のように一面に広がって見える雲のこと。空気が冷えたり、空気中の水蒸気が増えることで発生します。発生時に雲よりも高い位置(おおかた山の上)にいれば、雲海を見ることができるというわけなのです。
PAGE 1/3

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。