2017.08.10

今からでも間に合う夏休みプラン「断食2泊3日」の旅

3日でマイナス3キロも夢ではない、大人のデトックス・バケーション。

文/秋山 都
暑い。寝ていれば首元に、満員電車では背中に、カレーを食べれば額に汗するあなた。最近太っちゃいませんか? 他人事ではありません。筆者はこの1年で一気に8キロ増! 毎年スレスレでクリアしてきたメタボ診断も、今年は無傷ではいられますまい。なんとかしなくては…すがる思いで某所へ駆け込んでまいりました。

3日間、あのジュースを飲んで3キロ痩せる?

◆ ホテルクアビオ(草津)

ホテルクアビオ(草津)
高原のリゾートホテルのような? はい、ここは草津温泉。標高1000メートルを超えているため、都心が30度オーバーの真夏日もこちらはエアコンなしで快適に過ごせます。
快適そうですが、ここへ来ても3日で3キロ痩せそうな気配はどこにもありませんね。チェックイン後、最初の夕食は午後5時にダイニングルームへ降りてくるようにと言われましたが、なにか特別食でも出てくるんでしょうか…。
 
ではここで、この3日間で口にしたものをすべて一挙に公開しちゃいましょう。
もうおわかりでしょう。ここは単なる高原リゾートではなく、ファスティング(断食)のプログラムを持つ、リトリートなのです。リトリート、一応ご説明しておきますと、「仕事や家庭生活等の日常生活から一旦切離し、自分と向き合う時間や新しい体験を新しい場所でする事で思考の転換を行い、”よりハッピーに人生を再スタートする”という意味として使われている」(ウィキペディアより引用)ということですね。
 
でも断食なのに結構食べてるけど?というご質問、もっともです。一般に断食といえば、試合前のボクサーか、千日回峰行のようにストイックに何も口にしないことをイメージされるでしょうか? 
 
ここでいうファスティングとは主に水分だけ摂って、日頃の暴飲暴食で疲れている胃腸を休めようというプログラム。主に人参とリンゴのジュースで身体に必要なビタミンとミネラルを摂取し、三年番茶(天日干しの茶葉を3年熟成させたお茶)で身体をあたためます。
 
お腹がすかない・・・といえば嘘になりますが、夜中に水を求めてさまよう力石のようにはなりません。あくまで、なにか口さびしいな、と思ったり、ふとTVで美味しそうなものが映った際にお腹がキュンとする程度です。
 
基本は朝8時、12時、夜5時に食事(といってもジュースですけど)が提供されるだけで、あとはフリーです。ここは非常に重要なことなので声を大にして言いたいのですが、ジュースだけ飲んでいれば痩せるというわけではありません。私の経験則からして適度な運動が非常に重要です。運動といってもそれでカロリーを消費するような激しいものではなく、代謝を促すような軽度のものです。というのは、固形物がお腹に入っていないので、便秘しやすくなるのです。散歩などして、便通を良くするための工夫はぜひとも必要です。
…ということで散歩にでました。
PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!