2017.08.24

「ブシュロン」の『キャトル』、モテる使い方

写真/人物・谷田政史(CaNN)、
静物・照内 潔(てるうちスタジオ)
スタイリング/久 修一郎 ヘアメイク/古川 純
文/篠田哲生

アイコン使いの達人はふたりもひとりも上手いんです

モテる大人の御用達ジュエリーであるブシュロンの『キャトル』コレクション。素材やモチーフをミックスしたアイコニックなデザインは、女性にとっても羨望の的。ですので彼女と一緒に"シェア・ジュエリー"として楽しむなんてこともできるのです。ネックレスを貸してあげたり、彼女のリングをピンキー使いしたりと楽しみ方は多彩。その自由さこそが、『キャトル』の最大の魅力なのです。

重ね付けに適した合わせやすいデザイン

4つの特徴的なモチーフの『キャトル』コレクションは、ゴールドやダイヤモンドなど素材をミックスしているので、リングやブレスレットを重ね付けしやすい。記念日の度にふたりで買い足していくというのも楽しいですね。男性●リング、ブレスレット、ペンダントは下(for LEON)と同じ。ジャケット12万円/エルネスト(バインド ピーアール)、ポロシャツ3万3000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)女性●リング、ブレスレット2点、ペンダントは下(for NIKITA)と同じ。ワンピース2万8000円/アナイ

こんな素敵なカップルが目標!

世界的にモテるオトコ、セルジュ・ゲンズブールも、「ブシュロン」のジュエリーを最愛のパートナー、ジェーン・バーキンにプレゼントしました。いつの時代もブシュロンは、愛し合うふたりのジュエリーなのです。

1. アイコン使いの達人はふたりもひとりも上手いんです

サイズの違いはあれど、特徴的なモチーフや素材使いは男女共通のユニセックス。それゆえふたりでシェアして楽しめる。そんな大胆なこなし方ができるのも『キャトル』の魅力なのです。

for LEON

独特のモチーフ使いで存在感抜群の雰囲気に

それぞれに色が異なるゴールド素材で仕上げた、“グログラン”“ミラーセッティング”“クル ド パリ”“ダブルゴドロン”という4つのモチーフを使用。繊細な金細工技術を使いつつ、モダンで前衛的なデザインを作ります。リングやペンダントという定番アイテムに加えて、昨年からは単色使いのブレスレットもラインナップ。さらに多彩に重ね付けを楽しめるようになりました。左●「キャトル クラシック」ペンダント[YG×WG×ブラウンPVD×PG×ダイヤモンド]70万円、右●「キャトル クラシック」リング[YG×WG×ブラウンPVD×PG×ダイヤモンド]98万円、下●「キャトル クル ド パリ」ブレスレット[YG]65万円/すべてブシュロン(ブシュロン カスタマーサービス)

for NIKITA

力強さと繊細さをミックスした組み合わせ

上●組み合わせに女性らしい雰囲気をプラスするなら、1960年代から続く人気コレクション「セルパンボエム」との重ね付けがオススメです。蛇の頭部をイメージしたというドロップモチーフの優美なフォルムには、メゾンの美意識が詰まっています。「セルパンボエム」ブレスレット[WG×ダイヤモンド]56万円、中●単色使いのブレスレットは、女性の華奢な手首に美麗に収まります。「キャトル グログラン」ブレスレット[WG]69万円、下左●細めのスモールサイズをチョイスし、繊細な美しさを演出するリングは女性にオススメ。素材にホワイトセラミックを加えることで、より洗練された雰囲気に。「キャトル ホワイト」リング[YG×WG×ホワイトセラミック×PG×ダイヤモンド]70万円、下右●「キャトル ホワイト」ペンダント[YG×WG×ホワイトセラミック×PG×ダイヤモンド]28万円/すべてブシュロン(ブシュロン カスタマーサービス)

女性着用を男性が付けると

上右の女性の小振りなペンダントを男性が着用する。すると胸元にスマートに収まり、とってもエレガント。こちらのペンダントはほかのものに比べチェーンが太く、シェア使いに最適なのです。
PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!