2017.07.30

丸の内・表参道で聞いた 夏のスーツ&ジャケットを涼しく着るコツ

写真/鈴木泰之(Studio Log)、鈴木克典、
小澤 達也(STUDIO Mug)
文/池田保行(04)
協力/山本 晃(グルーヴ)、山崎 諭(04)、
イタリアスナップ/Massi Ninni
ドレスコードがどんなにユルくなろうとも、多忙なビジネスマンの皆さまにおいては、スーツにネクタイをして商談に臨んだり、キチンとジャケットを着用する場面が多いのも事実です。 

そんな場合でも、涼やかに魅せるコツや涼しく過ごせるテクというものがあるんです。今回は、丸の内、表参道を闊歩するビジネスマンの方々に、夏のドレススタイルを涼しく過ごすコツを伺いました。

色使いと足首見せが涼感を煽ります

ここ数年でドレスコードはがらりと変わりました。ノータイ、ポロシャツでのビズスタイルが推奨されているとは言え、スーツやジャケットにネクタイの着用が望ましいというビジネスマンの皆さまも多くはず。

相手に不快感を与えないよう、皆さん暑苦しく見せない工夫をしながら、上手にスーツ&ジャケットを着こなしていたのです。

まずは色の工夫。周囲の方に涼感を感じてもらう、というのもオトナの振る舞いとしては、熟慮されたもの。

ネイビーやブルーの同系色グラデーションで涼感を誘うカラーリングは定番ですし、どなたにも似合うものです。また、ベージュやブラウンなどのいわゆるコロニアルカラーは、涼感に加えて、エレガントでリッチな雰囲気も纏え、オトナの余裕も感じられます。ネイビーとブラウンを巧みに使うことは、見た目の涼しさを演出する最高の組み合わせですよ。

涼感ある色使いで見た目にクール!

サルトのオーダースーツ&シャツをさらっとこなした森岡和也さん(33歳)。広めのラペル、ベルトレスのパンツなど、こだわりどころが満載です。淡いコットンベージュは見た目にも爽やかで、暑苦しさは皆無。サスペンダーをされていたのですが、ソレもフィレンツェの名店リベラーノ リベラーノのものでした。

丸の内、表参道のオトナはスーツ&ジャケットが涼やか

もう一点ご注目いただきたいのは、素足履き風の足元。

実際に人間の身体の「首」と名のつく所を露出すると、放熱効果が高まって涼しくいられるもの。さりげなく手首や足首見せを活用することで、暑い夏を涼やかにスーツ姿で闊歩できるというものなのです。

ぜひこの夏こんなテクで、涼やかに魅せるスーツスタイルを実践ください。

くるぶし見せで涼やかなドレススタイルに

富坂 豊さん(27歳)は、全身ブルー系でまとめて清涼感あるスーチング。こちらは麻布テーラーでオーダーしたもの。素足にローファーの足元も涼しそうです。白が入ったストライプのネクタイと、ブルーストライプのシャツの縞幅まで、涼感がさらに増しています。チーフを柄モノにしている点も、バランスがいいですね。

街の

夏場のスーツをイタリアオトコはこう着こなす

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。