2017.07.29

700万円‼ で嗜む、最高級のマイボトル・マイチェア・マイグラスとは?

文/LEON編集長 石井 洋
「世の中の問題は、みんな飲み足りていないことだ。」
 
ハードボイルドで知られる往年の名優、ハンフリー・ボガードは
こう言いました。確かに、お酒を飲んで酔っているときは
世の悩みがとても小さなことのように思え、
いつのまにか進むべき道が見えてくるような、
そんな気さえする時がありますよね。
今回はそんな酒時間の、最高級かも!というお話。
先日行われた「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の
開業1周年イベントにお邪魔した時のこと。
35階「THE BAR illmiid」、36階「OASIS GARDEN」を舞台に
グレンリヴェット18年、グレンリヴェット21年を
美味しいお食事とともに頂戴しました。
その際にお披露目されたのが国内で現在2本しかない
超希少ウイスキー「グレンリヴェット ウィンチェスター
コレクション ヴィンテージ1966」(通称グレンリヴェット50)。
世界100本限定というだけでも我々酒飲みには垂涎‼
50年もの歳月を経て熟成されたこのウイスキーは
ジュエリーにもなぞらえられる逸品であります。
なのに、今回はさらに‼ それをボトルキープすると、
世界に冠たるインテリア・デザイナー、小市氏によるオリジナルチェアが!
ガラス工房・田島硝子代表、田嶌氏による限定江戸切子が!
セットで付いてくるというではありませんか‼
この超限定特別商品は、そのセット名を
「Your only home bar(ユア オンリー ホーム バー)」と言いまして、
晴れてそのオーナーになった暁には、バーを訪れた刹那、
このチェアと江戸切子がすかさず準備されるとのこと。
ボ、ボガードもびっくりのハードボイルド感!(意味合ってる?)
 
そして気になるお値段は……700万円‼
いや〜、酒飲みの端くれとしては、一度でいいから味わってみたい、
座ってみたい。もはや飲み足りないなんて言わせないゾっ!
 
ちなみにこのチェアの後ろ脚は江戸切子の伝統的デザインを
施したクリスタル製。眩いばかりに光っているのは
LEDが内蔵されているからだそうです。
どこまですごいんですかねぇ……謎にニヤけてきた……。
聞けば、背の低いチェアは「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の
「The Bar illumiid」(写真上)で、背の高いチェアは
「ザ・プリンス パークタワー東京」の「メインバー もくれん」
(写真下)で供されるとのことでした。
 
国内でたったふたりの酒飲みだけに許された、
超絶至極のボトルキープ。リッチなオヤジの皆さん、
一本いかがでしょうか?
ここは僕もひとつ、手を上げようかしらん……いや、無理ですわぁ……。
勇者の出現、求む!

■Your only home bar

場所/ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町「The Bar illumiid」
   ザ・プリンス パークタワー東京「メインバー もくれん」
料金/各700万円(各店舗1点のみの販売)
内容/「グレンリヴェット ウィンチェスターコレクション ヴィンテージ1966」1本
   田島硝子製作のオリジナル江戸切子ペアグラス1組
   デザインスタジオ・スピン代表、小市泰弘氏デザインのオリジナルチェア1脚
お問い合わせ/ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 ☎03-3234-1111
       ザ・プリンス パークタワー東京 ☎03-5400-1111

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。