2017.07.15

新型ランドローバー・ディスカバリー。洗練を極めた陸の王者は、どう進化したのか?

英国が誇る、まじめなクロスカントリー車、ランドローバー・ディスカバリーがついにフルモデルチェンジ。その全貌に迫る。
取材・文/小川フミオ

ひとことでは語れない、マルチな魅力

SUVの老舗といえば英国ランドローバー。かつては軍用に使えるスペックスを誇るクロスカントリー型4WDで知られたが、近年はオシャレ度もぐっと向上している。
 
2017年5月に日本で発表された新型ランドローバー・ディスカバリーは、見た目も使い勝手もよい、よく出来たSUVの見本のようなモデルである。

オシャレなキャンプ用ビークルともいえるし、大人数用の機能的な移動手段ともいえる。それでいて堅牢さも感じさせるスタイルは、頼りになると女子ウケもまことによろしい。
190kWの 3リッターV6ディーゼルも250kWの3リッターV6ガソリンもともにすぐれている
5世代目になる新型ディスカバリーは特徴の多いクルマだ。ひとつは7人乗れるパッケージ。それから今回から搭載された3リッターV6ディーゼルエンジンの驚くほどの出来のよさ。

さらにスマートフォンなどを使って遠隔操作でシートアレンジなどを事前に設定できるなどハイテク満載なのも、新世代の快適性として大いに評価できるポイントだ。
理知的なレイアウトのダッシュボードでギアセレクターは伝統の円筒形にこだわる
最新の技術として進化した電子制御式エアサスペンションも注目だ。悪路を走るときは車高を上げて走破性を高めるいっぽう、エンジンを切るかセイフティベルトを外すと乗降性の向上のため自動的に車高を13ミリ下げてくれる。

ようするにひとことで語るなら、おもてなし感覚に満ちたモデルなのだ。室内のクオリティは高いうえに、ぜいたくさを感じさせてくれる作りも女子には大いに喜ばれるだろう。
フローティングルーフともよばれピラーとつながっていないような視覚効果を持つルーフが特徴的
趣味性の面でも多様性に富む。マリンスポーツ好きのために開発された腕時計型の「アクティビティキー」はカギの保管に悩むサーファーにとって福音だ。

シートアレンジはスマートフォンで出来ると書いたが、もちろん現場でもごく簡単な操作で3列目シートの操作が出来る。折りたためば広大な荷室が広がる。

このクルマに接すると、この多様な性能を使い倒せることこそ、真にぜいたくなライフスタイルを持っていることの証明だと思えてくる。
PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!