2017.07.14

シーンを選ばない時計には4つのデザイン方法論があった

文/広田雅将(クロノス編集長)
時計のデザインに決まりはないと聞く。しかしそれは大きな勘違いだ。時計のデザインには明確な「お約束」があり、多くの時計はそれに従っている。見るべきポイントは4つ。ベルトを留めるラグ、風防を固定するベゼル、時間を示すインデックスと針だ。
 
簡単に言うと、太ければ太いほどスポーティーでカジュアル、細ければ細いほどドレッシーでフォーマルとなる。となると、太いのはスポーツウォッチ、細いのはドレスウォッチ、間にあるのはビジネスウォッチと判断していいだろう。時計のデザインは、眼鏡にまったく同じなのだ。であれば、眼鏡を選ぶのと同じ基準で、時計を選べばまず外さない。
 
例えば、オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク」。1972年に発表されたこのラグジュアリースポーツウォッチがポピュラーになった理由は、どのTPOにも耐えられるデザインを持っていたからだ。時計全体の造型はマッシブだし、ベゼルもスポーツウォッチらしく太い。しかし針やインデックスはドレスウォッチ並みに細いのだ。

オーデマ ピゲ ロイヤル オーク・エクストラ シン 243万円

自動巻き、SSケース(39㎜)×ブレスレット。50m防水。発売中/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
つまりこの時計は、スポーティーでもあり、ドレッシーにも見える。デザイナーのジェラルド・ジェンタが天才と言われる理由だろう。しかもジェンタは、太いベゼルの間延び感を解消すべく、ベゼルにビスを埋め込んだのである。結果、このスポーツウォッチはベゼルの太さをあまり感じさせない。
 
ちなみに彼はこの組み合わせを好んだようで、4年後にデザインしたパテック フィリップの「ノーチラス」にも、同じく太いベゼルと、細い針とインデックスが与えられた。そしてこのモデルも、やはりパテック フィリップの定番となった。

パテック フィリップ ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ 5990/1A 582万円

自動巻き、SSケース(45.7㎜)×ブレスレット。発売中/パテック フィリップ(パテック フィリップジャパン・インフォメーションセンター)
ちなみにそのジェンタが嫉妬したのは、ロレックス「オイスター」のデザインだった。なるほどこれも、ベゼルやラグ、インデックスや針のバランスは、スポーツウォッチのようでもありドレスウォッチのようでもある。

誤解を恐れずにいうと、ジェンタはオイスターのデザインコードを翻訳して、ロイヤル オークとノーチラスに載せたのかもしれない。ジェンタの天才ぶりとは、誰も注目しなかったオイスターに目をつけたことだったと言ってもいいだろう。

ロレックスオイスター パーペチュアル 39 54万円

自動巻き、SSケース(39mm)×SSブレスレット。100m防水。発売中/ロレックス(日本ロレックス)
ラグ、ベゼル、インデックス、そして針に注目すると、IWCの「ポルトギーゼ・クロノ」が売れている理由もわかる。搭載するのはETA7750ベースのムーブメントだから、時計は決して薄くない。しかしデザイナーはこの4要素をギリギリまで絞ることで、このクロノグラフを極めてドレッシーに仕立て上げたのである。

IWC ポルトギーゼ・​クロノグラフ 74万円

自動巻き、SSケース(40.9mm)×アリゲーターストラップ。3気圧防水。発売中/IWC
同様に、ラルフ・ローレンもデザインが上手い。どのモデルを見ても、ラグ、ベゼル、インデックス、そして針のバランスは、スポーツウォッチとドレスウォッチの間にある。

ラルフ ローレン オートモーティブ Ref.RLR0220710 136万5000円

手巻き、SSケース(45mm)×アリゲーターストラップ。5気圧防水。発売中/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン表参道)
もし皆さんがTPOに応じた時計を選びたいならば、ブランドよりも、価格よりも、まずはデザインの4要素に注目すべし。

●広田雅将

1974年 大阪府出身。時計専門誌『クロノス日本版』編集長。サラリーマンを経て2004年からフリーのジャーナリストとして活躍。2016年より現職。関連し含め連載を多数抱える。
■お問い合わせ
IWC 0120-05-1868
オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
日本ロレックス 03-3216-5671
パテックフィリップジャパン・インフォメーションセンター 03-32555-8109
ラルフ ローレン表参道 03-6438-5800


この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!