2017.07.16

夏の昼デートは女子も喜ぶ“ホテルでアフタヌーンティー”が正解

文/河合かおる
ザ・ペニンシュラ東京アフタヌーンティー
“スイーツ男子”なんて、皆さま方には不釣り合いなワードかと思われますが、密かに“お酒好きだけどスイーツもね”という殿方も多いのではないでしょうか。
だからといって、「今度、美味しいスイーツを食べに行こうよ」なんてヤワな誘いはガラじゃない? そんな時は、ぜひ“スイーツ”を“アフタヌーンティー”に置き換えてみてください。その甘美なる響きに、惹かれない女子などいないはず。

ラグジュアリーホテルが提案する夏限定アフタヌーンティーは、旬のフルーツや野菜などをたっぷりと使った、目にも涼しげなスイーツとセイボリー(しょっぱい系の洋風惣菜)が勢揃い!
男女問わず大満足間違いなしのプランをピックアップしてご紹介します。

完全予約制の特別感で攻める! 「プレミアムマンゴーアフタヌーンティー」

【マンダリン オリエンタル 東京】

マンダリンオリエンタル東京マンゴーアフタヌーンティー
夏を代表するトロピカルフルーツの王様といえば、“マンゴー”の右に出るものはありません。
マンダリン オリエンタル 東京の「プレミアムマンゴーアフタヌーンティー」は、すべてのサンドイッチ&セイボリーとプティフールに完熟マンゴーを惜しげもなく使用した、まさにマンゴーパラダイスなアフタヌーンティー。

メニューの一部をご紹介しますと、「オマール海老とマンゴーのクレープロール」「白レバーのパテ バルサミコとマンゴーのジュレ」など、「これ、絶対シャンパンに合うよね!」なセイボリーが大充実。“お茶より昼シャン派”の彼女となら、あらかじめ「クリュッグ グランド キュベ ブリュット」のグラス付きプランをオーダーしておくのも手。
「予約しないと食べられないんだよね」という特別感も、女心を刺激してくれるはず。

■マンダリン オリエンタル 東京 「プレミアムマンゴーアフタヌーンティー」

期間/開催中〜8月31日(木)(1週間前までに要予約)
住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 38F「オリエンタルラウンジ」
時間/12:00〜17:30 
お問い合わせ/☎︎0120-806-823(レストラン総合予約)
● 9000円(税サ別)、プレステージシャンパン(1杯)付き 13500円(税サ別)

美意識高い系彼女にはこれ! 「ギルトフリー・アフタヌーンティー」

【コンラッド東京】

コンラッド東京アフタヌーンティー
糖質制限にグルテンフリー。デートの最中でも、何かとヘルシー系の話題が飛び出す彼女をあえてお誘いするならば、コンラッド東京の「ギルトフリー・アフタヌーンティー」がオススメです。スタイリッシュで食欲をそそるルックスとは裏腹に、使用している素材は豆腐や玄米甘酒、ケールやマヌカハニーなどヘルシーなものばかり。

しかも、これがまた美味しいから、夏バテ気味のパワーチャージにももってこいですね。土・日・祝日は、ティータイムだけでなくディナータイムにも利用できるのもありがたい。健康志向の彼女も思わず唸る、絶品ヘルシースイーツをぜひお試しあれ。

■コンラッド東京「ギルトフリー・アフタヌーンティー」

期間/開催中〜8月31日(木)
住所/東京都港区新橋1-9-1 コンラッド東京28階 バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」
時間/平日13:30〜16:30
   土日11:00〜16:30、18:30〜20:30(日曜日は21:00まで)
   祝日11:00〜16:30、18:30〜20:30
お問い合わせ/☎03-6388-8745 
● スタンダードアフタヌーンティー 1名 4500円(税サ別)
(平らなガラスのプレートで用意。平日には、約30種のドリンクセレクションから好きなものを好きなだけ選べます)
● デラックスアフタヌーンティー 1名様 6650円(税サ別)
(階段式のプレートで用意、グラスシャンパーニュに加え、約30種のドリンクセレクションから好きなものを好きなだけ選べます)

知る人ぞ知るふたりきりのバルコニーで「プライベートアフタヌーンティー」

【ザ・ペニンシュラ東京】

ザ・ペニンシュラ東京アフタヌーンティー
ザ・ペニンシュラ東京の「ザ・ロビー」には、ふたりきりになれる隠れスポットがあるのをご存知ですか?
知らなければ絶対に視界に入らない場所、それがザ・ロビー上部に位置するバルコニー。
ザ・ロビーバルコニー
こちらでは、1日1組限定で、シャンパン飲み放題付きのアフタヌーンティーが楽しめちゃうんです!
ザ・ロビーの雰囲気を見渡す開放感と、反対側のバルコニーで行っている生演奏を特別な場所から堪能できる優越感に、誰もが興奮してしまうこと間違いなし。

「可愛い〜❤」と彼女の小さな嬌声が聞こえてきそうな8月31日までの季節限定で提供している「サマー サンシャイン アフタヌーンティー」には、夏野菜やココナッツ、パイナップル、桃にマンゴーなど、夏気分を盛り上げてくれる旬の素材がちりばめられています。
こっそりとふたりきりのバカンスを上から目線でお楽しみくださいませ。

■ザ・ロビー「プライベートアフタヌーンティー」

期間/サマー サンシャイン アフタヌーンティーの提供は8月31日まで 
住所/東京都千代田区有楽町1-8-1 1F「ザ・ロビー」
時間/14:30〜17:00 
お問い合わせ/☎︎03-6270-2731
● 8600円(税サ別、お替わり自由のシャンパン、赤・白ワイン、約20種類の紅茶、ソフトドリンク付き)
※プライベートアフタヌーンティーは通年(2日前まで要予約) 

正統派アフタヌーンティーも夏仕様「セントレジスバー アフタヌーンティー」

【セント レジス 大阪】

セントレジス大阪アフタヌーンティー
アメリカ上流階級のリーダー的存在だった創設者の母、キャロライン・アスター夫人が愛したアフタヌーンティーの伝統が、現在にも息づいているのが「セントレジスバー アフタヌーンティー」です。

こだわりの素材を使ったすべて手作りのベーシックなメニューの数々は、7〜8月の期間、桃やマンゴーなど旬の素材をふんだんに使ったサマーバージョンに衣替え。キリリと冷えたグラスシャンパンとともにいただくのが、セントレジス流です。

とかくブランドには敏感な関西女子にとって、ドイツの最高級紅茶ブランド・ロンネフェルト社の「ティースターコレクション」5種が揃っている点も見逃せないポイント。この夏新たに加わった、緑茶とダージリンをブレンドし、醤油と柚子を隠し味に使ったホテルオリジナルティー「セントレジス」も飲んでみる価値アリですよ。

■セント レジス 大阪 「セントレジスバー アフタヌーンティー」

期間/開催中〜8月31日(木) 
住所/大阪府大阪市中央区本町3丁目6-12 12F 「セントレジスバー」
時間/12:00〜17:30 
お問い合わせ/☎︎06-6258-3333(ホテル代表 10:00〜20:00)
● グラスシャンパン付き5600円(税サ別)、グラスシャンパンなし4600円(税サ別)

40種類ものスイーツ&セイボリーをお好きなだけ!?「ミッドサマー デザート ブッフェ」

【アマン東京】

アマン東京デザートブッフェ
「私、ちょっとでいいから色々食べたい❤」な彼女でも、さすがにこの品揃えには敵いますまい。
アマン東京が8月11日から13日までの3日間限定で開催する「ミッドサマー デザート ブッフェ」では、ベリーやマンゴー、パッションフルーツ、メロン、スイカ、キウイ、無花果、マスカットなど夏ならではのみずみずしいフルーツをふんだんに使ったデザートがなんと36種類も登場。さらには、サンドイッチや冷製スープなどのセイボリー類も4種取り揃えるというのだから、胃袋がいくつあっても足りません。(よね?)

キッチン前にあるカウンターにシェフ自らが立ち、ゲストらと会話を楽しみながら目の前でデザートを仕上げるという新感覚のブッフェは、1日70組限定。彼女の予定を抑える前に、まずはお席の予約を急ぎましょう!
(だって、こんなに魅力的なお誘いを断る女子などいないはずですから)

■アマン東京 「ミッドサマー デザート ブッフェ」

期間/8月11日(金)、12日(土)、13日(日) 3日間限定開催 
住所/東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー33F 「ザ・レストランby アマン」
時間/15:00〜17:30 
お問い合わせ/☎︎03-5224-3339
● 4900円(税込・サ別、デザートとセイボリー、コーヒー・紅茶をお好きなだけ)、グラスシャンパン付き 7200円(税込・サ別)
スイーツを頬張る彼女の可愛い表情を眺めながら、甘〜い夏の昼下がりを堪能してくださいね❤

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!