2017.06.26

花火を“ながら”で楽しめる、熱海の贅沢な宿3選

文/中島 由貴

夏を盛り上げる風物詩の極みとも言える祭典、花火大会。夜空を覆うほどに咲き誇る満開の打ち上げ花火には、火薬ならぬ“媚薬”なんかも詰まっているのでは?と勘ぐってしまうほど情熱をかきたてられるもの。

ですが、お忙しい読者の皆さまにおかれましては、パートナーとの都合をつけるのも一苦労だというのに、年に一度の花火大会で早朝の場所取りや各所への根回し、トイレの心配だなんて、やってられませんよね。ええ、ええ、わかります。ので!もっとスマートに、もっと贅沢に花火を楽しめる場所、ご用意いたしました。

東京から新幹線に揺られることわずか約45分。都心からあっという間に着いてしまうここ熱海は、月に最低1回、一年中花火を楽しめる花火の聖地。しかも8月は5回も催されるので、どんなに多忙はおふたりだって1日くらいは予定が合うのでは? そして、近いとは言えせっかく熱海まで出かけるのだから、花火だけを見て帰るのはもったいない。他ではできない「XX(チョメチョメ)しながら」のオトナの余裕ある「ながら花火」をお楽しみください。

屋上テラスでくつろぎ“ながら”花火を楽しむ

【熱海 ふふ】

海や市街地から徒歩ほんの10分程度のところにあり、川や木々のせせらぎが出迎えてくれる「熱海 ふふ」は、近づいていくと空気が変わった? と思うほど澄んだ森に隠れるように佇む、癒し系旅館。館内に入ると、そこは都会の喧騒から完全に隔絶された佇まいです。荷物をおいてほっとひと息ついていると、時計は20:20。さあ花火のお時間です。

熱海海上花火大会の開催日は特別に、旅館の屋上にあるテラス「Terrace月読」が大人たちのためのBARテラスへ。ランタンが灯る落ち着いた雰囲気の中、シャンパン、カクテル、ワイン、焼酎、日本酒など、好みの一杯をバトラーがふたりのためにデリバリーしてくれます。心地良い夜風と自然が奏でる音に癒され“ながら”、デイベットにもたれくつろぎ“ながら”、ふたりでほろ酔いし“ながら”見る花火。最後は、身も心もリフレッシュした彼女の満面の笑顔に、あなたの方が酔わされてなんて❤︎ことに?!

■熱海 ふふ
住所/静岡県熱海市水口町11-48
予約・お問い合わせ/☎0557-86-3646
●スタイリッシュスイート 96,120円~

美食に舌鼓を打ち“ながら”眼下に花火を楽しむ

【ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド】

ロマンティックなシーンも大好物だけど、正直私、花(火)より団子なの、というのもオンナの本音。ならば美食・美景・美湯、の3拍子が揃った「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」を。2016年7月でリブランドオープン1周年を迎えるこちらは、地元近郊の旬食材を厳選したフレンチが自慢の宿。さらに、熱海市伊豆山の中腹・標高 361 メートルの高台にあるホテル上階のレストラン「メインダイニング 風雅 FUGA 」の窓側の席からの夜景は、思わず引き込まれてしまいそうになるほどの大パノラマ。打ち上がった花火を眼下に望むユニークかつスペシャルなシートとなっております。

熱海海上花火大会の日限定の宿泊プランでは、レストランの窓側席をディナータイムにご用意。特等席に着いたならまず、テーブルをご覧あれ。相模湾・駿河湾の魚介類に三島や函南の野菜、メイン料理には特選黒毛和牛、静岡育ちの牛フィレ肉備長炭焼きなど、豊かな自然に囲まれた伊豆・熱海ならではの食材を主役にしたメニューは、都内ではめったに味わえないものばかり。
花火を見た後は、隣のライブラリーバー「マグダレーナ」へ移動して、眺望窓に面した座席でゆったりとお酒を嗜みながら先ほどの余韻に浸る……なんて、なんという贅沢!

■ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド
住所/静岡県熱海市伊豆山1048-4
予約・お問い合わせ/☎0557-82-1717

ふたりでスパを楽しみ“ながら”花火も楽しむ

【ホテルミクラス】

「花火見に行かない?」の口説き文句だけじゃあ熱海デートはハードルが高い…、とそんな手強い相手には、“限定”と“エステ”というカードを切りましょう。

「1日1組限定のエステの予約が取れたんだ。ついでに花火を見て帰らない?」と気軽な誘いに乗った彼女と、いざ「ホテル ミクラス」へ。こちらのホテルでは、熱海海上花火大会が開催される日に、限定1組だけが受けられるスパトリートメントのカップルプランがあるんです。しかも、宿泊しなくても大丈夫というから、都合がよいような、悪いような(笑)。

早速、8階にある個室スパスイートの「サナシオン・スパ」へ。 まずは、ゆったりとしたリズムで進むロングストロークが特徴の、独自オールハンドトリートメントをたっぷりと60分。あとは花火がスタートするのを待つばかり(花火を見てからの施術も可)。

“ついでの花火”なんて誘っておいて、実はここからが本番。どうせ部屋から見るだけでしょ?なんて侮ることなかれ。スパスイートという名だけあって室内にはビューバスも完備されているのですよ!

このホテルが建つのは、サンビーチ沿いの相模湾を間近で一望できる絶好のポイント。大きく開いた窓越しに美しく舞い散る大迫力の火の花々を、たったふたりきりで独占できちゃうんです、しかもまったりとバスに浸かり“ながら”! これぞ予想と期待をはるかに超えた、至れり尽くせりな花火デートの決定打ではありませんか! さて、これでモテるかどうかはさておき、少なくとも、トリートメント効果で身も心も完全にほぐされていることだけは間違いありません(笑)。

■ホテルミクラス
住所/静岡県熱海市東海岸町3-19
予約・お問い合わせ/☎0557-86-0300
●お二人様で38,000円(税・サ込)
●ビューバスは追加料金2000円でフラワーバスに変更可能

熱海海上花火大会のスケジュールは下の通り。ふたりの日程があったならその日が吉日!出かけない手はありませんね。

2017年 熱海海上花火大会のスケジュール

7月 23日(日)、28日(金) (20:20~20:50)
8月 5日(土)、8日(火)、18日(金)、20日(日)、24日(木) (20:20~20:50)
9月 18日(月・祝) (20:20~20:45)
10月 9日(月・祝) (20:20~20:45)
11月 12日(日) (20:20~20:45)
12月 10日(日)、17日(日) (20:20~20:45)

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。