2017.06.16

「雨だから家で料理でもどう?」がサラりとキマるモテ・レシピ【3】

文/小林 保(都恋堂)
撮影/中田陽子(MAETTICO)
調理/芝原健太

レストランでの食事もいいけれど、時には違ったシチュエーションでの食事も楽しみたい。では屋外でバーベキュー? それもいいけれど、梅雨の時期にバーベキューはミスマッチ。女性にも嫌がられそう。だったら、雨を口実にして自宅に誘ってみるのはいかがでしょうか。「パスタかな? カレーかな?」と単品料理をイメージしていた女性の前に、イタリアンのフルコースが出てきたなら…。

東京・神宮前のイタリア料理店『iCas storia(イカス ストーリア)』の若きシェフ・芝原健太氏に提案いただいた、男性でも自宅で作れる本格的なフルコースメニュー。1回目、2回目のメニューに引き続き、今回はセコンド・ピアットと、大人のデザートをご紹介。これにてフルコースの完成です。

豪快料理で女性の胃袋をつかみ、繊細デザートでハートをつかむ

「鶏もも肉の男前グリル」

【材料/2人前】
骨付き鶏もも肉 2本、ガーリックパウダー(市販のもので可) 少々、塩適量(鶏肉の総重量の1.5%)、黒胡椒 適量、鷹の爪 2本、春菊 1パック、ベビーリーフ 1パック、レモン果肉 1個分、オリーブオイル 適量

セコンド・ピアットは、ニンニクと鷹の爪の香りが食欲をそそる、骨付き鶏もも肉のソテー。オーブンではなくフライパンで焼き上げる男の料理です。量が少なめのパスタを先に食べ、女性の食欲に火がついたところでワイルドな肉料理が登場。スパイシーさをレモンの香りがやわらげる、見た目は大胆、味は繊細な一品です。

【調理方法】

①ラップの上に鶏もも肉を置き、表面に塩、黒胡椒、ガーリックパウダーをふんだんにかけ、刻んだニンニクを載せる。塩は肉の総重量の1.5%ぐらいが適量。上からオリーブオイルをかけたらラップで肉をくるみ、より肉に味が染み込むよう上から押さえて空気を抜き、30分ほど寝かせておく。前日の夜に肉を仕込んでおけるなら、そのほうがベター。

②約50度のお湯で春菊とベビーリーフに新鮮なハリをもどしたなら、水気を切ってボウルに移す。レモンを8等分にカットし、そのうち7カットの果肉を細かく刻んで春菊にまぶす。残り1カットのレモン汁をしぼりかける。

③フライパンをよく熱したら一度火を止め、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を入れて中火で炒める。

④鶏肉を③のフライパンに皮を下にして入れ、匂いが立ってきたら鷹の爪をフライパンから取り出す。中火のまま鶏肉を炒め、ときどき焼け具合をチェック。皮全体に焦げ目がつき、指で触ったときにパリッと固くなっていたら鶏肉を反転させ弱火にする。残ったニンニクを鶏肉の下に入れて焼くと香りが移りやすい。フライパンにフタをして、じっくりと火を通す。本当はフタをしないほうがパリッと焼きあがるが、時間がかかり過ぎるため、女性を待たせないようフタをして焼くのがお勧め。

⑤皿に②の春菊とベビーリーフをふわっと盛りつけ、その上に焼きあがった鶏肉を載せる。フライパンに残った油を上からかけ、飾りに④で使用した鷹の爪とローズマリーを載せて完成です。

《モテ❤ポイント》

肉料理は火の通り具合が肝心。それをチェックする方法で男前ぶりを発揮したい。まず、皮の焦げ目具合の確認は、あえての指。指先で軽く肉を押し、脂が抜けてパリッとしているか触感を確かめます。次のチェックは反転させた状態で。ここで使うのがナイフです。もっとも肉厚の部分にナイフを刺し込み、中央部辺りで少し止める。抜いたナイフをアゴに当て、「熱っ」と感じたら火が通っている証拠。女性からすると、なんともワイルドな光景に映るに違いない……なわけないか。

完成❤︎

■iCas storia
住所/東京都渋谷区神宮前3-35-8 ハニービル青山 ナチュラルローソン&food kurkku B1F
URL/www.icas.jp.net/icasstoria/
お問い合わせ/☎︎03-5785-1248

●芝原健太(しばはら・けんた)/『iCas storia(イカス ストーリア)』シェフ

1987年、京都府生まれ。京都の老舗リストランテやホテル、イタリアの星付きリストランテで修行後、京都と大阪のリストランテの料理長を経て、『iCas storia』のシェフに就任。

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!