2017.05.08

シンガポールのクルマ事情

シンガポールといえば……

韓国や台湾などは、近くて物価も安く、気軽に行けるデスティネーションとして人気ですが、それに勝るとも劣らない旅先がシンガポール。東京から飛行機で約7時間なので、苦にならない距離ですし、何より安全で英語が通じる、ということで不安を感じることはほとんどないのです。街もコンパクトで、2〜3日さくっと旅行するのにもってこい。ところで、シンガポールといえば金融系のお金持ちが多いというイメージですが、クルマ事情は他国とはちょっと違うようです。

写真/内田裕介(maettico)、取材・文/遠藤加奈

協力/シンガポール航空、シンガポール政府観光局

車両購入権=COEってなんだ?

シンガポールは目下急成長しているアジアのハブ。街もきれいで、安全かつ税金も安い!ということで、シンガポールで事業を始める人も多いですよね。ご飯も美味しいし、いいこと尽くめ!と思っていたら、なんと意外なものがとっても高いのです!

シンガポールでクルマを購入するには車両購入権なるものを購入しなくてはなりません。これは国土が狭いシンガポールなので、クルマの数を政府がコントロールするためだそうで、その権利は入札で価格が決定し1.6リットル以下で約416万円、それ以上の排気量だと435万円以上(2017年4月現在)。それにクルマの価格がプラスされるので、プリウスですら1000万超えしてしまうそう。なのにフェラーリやランボルギーニーなどのスーパーカーをよく見かけるので、いったいどれだけお金持ちがいるのか……。シンガポールの平均月収は29万円ということなので、本当に格差が凄い社会なのですね。

しかもその車両購入権には10年という期限が付いており、10年経ったら、また新しく権利を購入するか、クルマ自体を買い替えなくてはならないそう。

なので、シンガポールでのクルマ所有率は15%ほどなんだとか。

観光を推進するためクルマの数を規制する必要があるとはいえ、クルマ好きには少々厳しいシンガポールです。

街を歩いていると高級車を結構目にしますが、いったいいくらで購入しているのやら……。

(クルマに関していえば)日本って恵まれているのかも!と思ったシンガポール取材でした。

たくさんの国に侵略や支配を受けてきた歴史をもつシンガポールですが、だからこその魅力がたくさんあります。東京のような都会なのに、気候は南国。ビーチもすぐそこにあって、とっても生活しやすそうですよね。ぜひ、シンガポール航空で、シンガポールへ! (シンガポール航空のチキンライスも相当美味しいですから!!)

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!