2017.04.13

眠らない街・六本木に快眠ホテル現る!?

東京五輪開催に向けて都内の宿泊需要が伸びるなか、さらなる宿泊客を呼び込むべく改装やサービス向上といった様々な施策を講じるホテルが増加傾向です。この春、東京・六本木にオープンした「レム六本木」もますます競争激化のホテル業界に“個性”で挑むビジネスホテルと言えましょう。いまから10年前、阪急阪神第一ホテルグループが“快眠”に特化して立ち上げた「レムブランド」。以来、順調に業績を伸ばし、24時間眠らない街のど真ん中・六本木交差点より徒歩約1分の好立地についに進出を果たしたという次第。

写真左/TOTO製の天井取り付け型シャワーヘッドから柔らかく降り注ぐお湯も、入眠効果抜群です。右/大東電機のマッサージチェアで至福の時を。人の親指で押されるような心地良さが全身を包みます。

すべての客室にオリジナルのベッドマットレス、マッサージチェア、レインシャワーを付けるスタイルは、第1号店の「レム日比谷」から変わらずに貫くこだわりよう。最近では設備だけに止まらず、睡眠を科学的に研究し、快眠を促すサプリメントを展開させるブランド「Sleepdays」とコラボしたプランも提供開始するなど、とことん快眠を追求する姿勢が、3人に1人が何らかの睡眠障害に悩むといわれるこの現代社会に受け入れられた結果でしょう。

併設するダイニングバー「セダー ザ チョップハウス&バー」も、ニューヨークのデザイン系ダイナーのようにオープンキッチンで小洒落た雰囲気です。朝は「旬野菜のサラダバー」など豊富なビュッフェメニューを提供する一方で、夜はオーセンティックバーとして使えるのもうれしい限り。仕事や夜遊びで慌ただしかった一日の終わりは、コチラのバーでナイトキャップを引っかけて締めくくり、明日への活力を養うべく上階の“極上の寝室”でぐっすり熟睡……そんなこなれた東京ステイ、悪くないですよね。

■「レム六本木」
住所/東京都港区六本木7-14-4
アクセス/東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅から徒歩1分
料金/2万1800円(シングル15 ㎡)、3万4960円(ツイン24.4㎡)※1室税込

※6月30日(金)まで期間限定の開業記念プラン「ファーストステイ」実施中。
料金/1万円(シングル/朝食付き)、1万5000円(ツイン・2名/朝食付き)

※好評につき、オリジナルのベッドマットレスがオンラインショップ「ウチレム」で販売中

URL/www.remm.jp/roppongi/
予約・問い合わせ/☎03-6863-4123

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!